とっても丁寧な仕事、1,000円とは思えないランチ御膳「麻布はんなり」

麻布はんなり

六本木EXシアターをちょっと過ぎたところの路地を入ってすぐ。ビルの1Fに何やら入りづらそうな高級感溢れる佇まいのお店が

「麻布はんなり」

とっても一見では入りづらいんですが、前に出ているメニューの看板を見たら結構リーズナブルなお値段で全然手が出そうなので勇気を出して入店!

お店の中はカウンターと奥に個室があるような雰囲気(雰囲気がするだけで見れてはいません)基本的にはカウンターのみなので当然カウンターに着席。

ランチメニュー

  • 鯛のせいろ蒸しご膳 1,080円
  • 牛肉しぐれ煮のせいろ蒸しご膳 1,080円
  • 鯛の兜煮膳 1,200円
  • すっぽん雑炊 1,500円

せいろ蒸しご膳は限定15食!あるか不安でしたがまだあった!鯛のせいろ蒸しご膳にしてみました。

鯛のせいろ蒸しご膳

せいろ蒸しご膳の食べ方が説明されています。ちゃんと来るまでに予習して置くことにします。最初はそのままよそって食べ、出汁もそのままお猪口に入れて呑んで見る。次は薬味や卵黄を落としてたべる。三回目は上から出汁をかけて出汁茶漬けとして食べる。4杯目は好きに食べてOK!

読んでるうちにせいろが到着しました。

おー!なんか1,080円とはとても思えない豪華なご膳。蓋付きのものって、フタを開けるときが一番盛り上がります。

あつあつに蒸されたせいろにキレイに鯛が並んでいます。白い身がとってもキレイ。せいろご飯のいい香りがふわーっと漂ってきます。美味しそう。まずはマニュアルに則って出汁をお猪口で飲みます。しっかりとした出汁は胃に染み渡っていきます。美味しい。

そして、最初はそのままで。ホクホクの鯛の身は旨味がいっぱい。ご飯にもしっかり鯛の出汁がしみている感じがします。とっても優しい味がダイレクトに感じられて美味しい。

次は卵黄。すっと卵黄を潰して入れると玉子のまろやかさに包まれてせいろ蒸しご飯がまた違った味わいに。優しさが更に増しました。これも美味しい。

最期は出汁茶漬け。あの旨みたっぷりの出汁があの鯛とご飯にかかって美味しくないわけがありません。想像通りすっごい美味しい。わさびはとっても効くわさびで、ほんのちょっとでちゃんとピリッとします。新鮮なわさびを使っているんだと思います。出汁に入れたのが一番美味しく感じたので、ラストの回も出汁茶漬けでいただきました。

ちなみに、出汁は無くなったらお代わり出来ますよと声かけていただきました。

ごちそうさまでした

あんなに丁寧で豪華なご膳がなんと1,080円。とんでもないコストパフォマンスです。ランチで限定15食で赤字覚悟でやられているんだろうか。ちょっと心配になるくらいのクォリティ。とっても美味しいランチでした。優しい味で二日酔いのときでもあの出汁と一緒にならスルッと入っていきそう。ここは良いランチのお店としてしっかり記憶しておきたいな。と思いました。

関連ランキング:割烹・小料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

関連投稿