乃木坂にある楽観で出汁がうまい「煮干しラーメン」

楽観

以前、アルス南青山として、紹介したお店。形態がわからないのですが、これってもしかして、昼は「楽観」、夜は「アルス南青山」なのかしら。ちょっと調べてみたら「楽観」というのが出てきたので、同じお店のレポですが、そっちに寄せることにしました。

ランチメニュー

  • 琥珀 800円(特製1,000円)
  • パール 800円(特製1,000円)
  • 煮干しらぁめん 800円(特製1,000円)
  • つけ麺 900円

メニューも以前と変わらず。今回はサラダ、ドリンクバーは付けずにいくことにしました。結構お腹いっぱいになるんですよね。ラーメンだけでも。

煮干しらーめん

前回琥珀を頼んで美味しかったのですが、当時「煮干しラーメン」に興味津々だったので、今回は念願の煮干しラーメン。

そう、これが食べたかったんです。スープはすくってみると煮干しの粉が確認できるくらい煮干したっぷり。一口スープをすすってみると煮干しの旨味と風味がぶわーっと口の中に広がります。煮干しが前面に来る強烈なスープ。琥珀も強烈な出汁の風味がある醤油ラーメンで上品な感じでしたが、煮干しラーメンは打って変わって煮干しのハンマーで頭を殴られたような強烈な魚介感。うまい。

麺は煮干しスープをしっかりからめてくれる麺。麺をすすりながらも強い煮干しの風味を感じられて美味しい。上に載っている玉ねぎは琥珀のときにもいい仕事していましたが、ここでもアクセントになっています。チャーシューは焦げがついた大きめのもの。若干筋張っていましたが焦げがラーメンに香ばしさを加えてくれて飽きさせません。

今回サラダバーを食べなかったのはこちらのチャーシュー丼にも興味があったから。チャーシュー丼にはゴロゴロチャーシューと刻みタマネギが乗っているご飯。刻みタマネギはいろんなところで仕事しますね。チャーシューの肉感、脂感がごはんとマッチする一方、玉ねぎの爽やかさが全体的に調和の取れた味わいになって美味しい。そして、一番凶悪なのが、これに煮干しラーメンのスープをいれること。これが絶品のチャーシュー煮干し雑炊のような感じで美味しすぎる。煮干しラーメンにはライスは絶対つけたほうが良い気がします。

ごちそうさまでした

二度目ですが、煮干しラーメンと琥珀は全然毛色が違ってそれぞれ猛烈に美味しいラーメンでした。私の中では六本木、乃木坂近辺でも上位に入るラーメンだと思います。なにか理由をつけてまたきたいなぁ

関連ランキング:ラーメン | 乃木坂駅青山一丁目駅六本木駅