熱々石焼き海鮮丼が美味しい六本木「紺碧の海」

紺碧の海

六本木ヒルズの横にある、レストランとお店がいくつか入ったピラミッド型のオブジェがあるビル。ピラミデの3F。エレベータで3Fまで行ったら降りてすぐ目の前に和食のレストランがあります。

「紺碧の海」

新し目のお店なのか、きれいな看板です

このお店、あとから知りましたが、神田御茶ノ水にあるホテル「ホテル龍名館お茶の水本店」を運営する龍名館が出しているお店だそうです。旅館で出てくるような料理がいただける場所のようです。

ランチメニュー

  • 紺碧のぜいたくごはん 1,300円
  • 海鮮石焼きあんかけごはん 1,300円
  • 御膳<葵> 2,500円

+100円で、追加の一品も頼めます。「紀州南高梅」「塩昆布」「温泉卵」「とろろ」「納豆」「追加ごはん」。御膳ともなるとちょっとお高いので除外するとして、メインは海鮮丼か石焼きあんかけご飯か。若干の二日酔いでもあったので、暖かいほうに決定。

海鮮石焼きあんかけご飯

しばらく待って出てくると、店員さんが目の前で熱々の”あん”を石焼きの器にかけてくれます。ジュワ~っといういい音とともに、二日酔いの胃も起こすような食欲そそる良い香りが漂います。

石焼きの器に盛られたサイコロ状にカットされたお刺身がのった海鮮丼にとろとろの餡がかかってまるで雑炊のような感じになります。器はとってもあつく、しばらくグツグツ言っています。

出汁の効いた餡がご飯に良く合います。お刺身も、少し火が入った部分と生のままの部分で味も食感もちょっと変わって面白いです。なにより暖かい餡の優しい味が二日酔いの胃を癒やしてくれて嬉しい!

ごちそうさまでした

ちょっとだけお値段するなぁというイメージ。ですが、熱々の餡を石焼きの器にかけたりと、確かに旅館で出てきそうな種類の丁寧なランチだなと思いました。普段遣いというよりも、お客さんが来たときにゆっくりしながら食べたいときなんかいいんじゃないかと思いました。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

関連投稿