Kozushi, Roppongi, delicious lunch of three color rice bowl

kozushi

Click here to learn more about Kozushi

If you go down the slope toward Roppongi and Nishiazabu, you’ll see the sign “Uoko”, a fish restaurant with the atmosphere of a fish shop. At first glance, you might think it’s called Uoko, but the name of the restaurant is Kozushi. A lot of people seem to have it all wrong.

幸鮨_外観

It is highly recommended to leave early if you want to go there for sure. If you can wait, it may be relatively always good.

メニュー

三色丼 1400円

 1400円

ヅケ丼 1600円

たら煮付け 1350円

クロムツ照り焼き 1400円

サバ塩焼き 1350円

幸鮨_メニュー

Sanshoku-donburi changes daily, but this day’s
Bachi tuna medium fatty tuna, wild yellowtail and sea bream. I’m not sure if there is a staple in the middle of the lineup for a mid-toro or a natural player. The order of the day was, of course, a three-color rice bowl.

Rice bowl

Wait a while.
Because it is a counter, you can see the clerk quickly slicing sashimi and making sanshoku-don. Stuff the rice with vinegar, spread the nori, cut the saké and place it on top of the vinegar rice. And then the Sanshoku-don is complete!

Although it is called a sanshoku-don, it is actually a shikoku-don because it contains leek and minced pork.
From the bottom: sea bream, left: medium fatty tuna, top: negitoro and right: yellowtail.
It comes with simmered fish and pickles as a garnish.

Dissolve cucumber and wasabi in a soy sauce dish and pour it over the dish.
The harmony of vinegared rice, soy sauce and wasabi is the best. As a matter of fact, you don’t have to have any seafood to make a seafood bowl. The fresh fillet is added to it and it is even more delicious. The good thing about this restaurant is that they are very particular about their catch, so every fish is delicious.

The shiso is also good.
The refreshing scent spreads and it’s a good feeling. It occurred to me that sushi with shiso may be tasty, but it looks like it’s already there.

thank you very much (for your hospitality)

It is turned speedily and handily. I’m impressed that the customers also eat quickly and go out quickly. There aren’t many restaurants around here where you can have a good seafood bowl at a reasonable price for lunch, so I think it’s a good place to remember that. Incidentally, I heard that they were running a seafood pub in the evening.

関連ランキング:寿司 | 六本木駅乃木坂駅広尾駅

六本木、三色丼ランチがうまい「幸鮨」

幸鮨

幸鮨の詳細はこちら

、西麻布方面へ坂に下っていくと”魚幸”の看板が特徴の魚屋さんのような雰囲気の魚料理のお店。一見、”魚幸”っていうお店かと思いきやこのお店は「幸鮨」という名前です。勘違いしている人多そう。

幸鮨_外観

ランチタイムになるとかなり混雑するお店なので確実に行きたい場合はかなり早めに出ることを強くおすすめします。海鮮丼とかだと回転が早いというところはあるので、待てる人なら比較的いつでも良いかもしれない。

メニュー

三色丼 1400円

海鮮丼 1400円

ヅケ丼 1600円

たら煮付け 1350円

クロムツ照り焼き 1400円

サバ塩焼き 1350円

幸鮨_メニュー

三色丼は日替わりで変わるんですがこの日は
バチマグロ中トロ、天然ぶり、真鯛。中トロ、天然ぶりあたりは大体出てくるスタメン枠なきがしています。この日の注文ももちろん三色丼。

三色丼

しばし待機。
カウンターなので、店員さんがさっと刺し身を切って三色丼をつくっていく姿がよく見えます。酢飯を詰めて、海苔を敷いて、サクを切って酢飯の上に配置していきます。そうして三色丼の完成!

なんと、三色丼といいつつ、ねぎとろが入っているので実質四色丼です。
下から鯛、左がバチマグロの中トロ、そして上がねぎとろ、右がぶり。
魚の煮物と漬物が付け合せについてきます。

きゅうりとわさびを醤油皿に溶いてまわしかけ、頂きます。
酢飯と醤油とわさびのハーモニーって最高。実は海鮮丼って海鮮なくても旨いですよね。そこに新鮮な切り身が加わって更に旨い。ネタにこだわっているお店なのでどの魚も美味しいのがこのお店のいいところ。

大葉がしいてあるのがまたいい感じ。
爽やかな香りが広がっていっていいかんじ。大葉の寿司ってのも案外美味しいのかもしれないとふと思いましたが既にありそう。

ごちそうさまでした

スピーディーに手際よく回しています。お客さんもさっと食べてさっと出ていく感じでうまくまわっているなぁと感心。ランチにお手頃価格でおいしい海鮮丼が食べられるお店はこの近辺にはあんまり多くないので覚えておくときっと役に立つお店だと思います。ちなみに夜は海鮮居酒屋をやっているとのことでした。

関連ランキング:寿司 | 六本木駅乃木坂駅広尾駅