神田の博多焼き鳥「長政」でとりかわを堪能

博多とりかわ 長政 神田西口店

博多とりかわ 長政 神田西口店の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。昼飲みをしようかと神田近辺をぶらぶら。上野に近いのにそんなにお店開いている感じでもないんですね。空いている所を探して駅周辺を探索していると、少し商店街のような感じになっている通りにお店を発見。昼からやっていていいですね。博多の焼き鳥屋さんのようで「長政」という名前。お店はカウンターと椅子席がちょっとだけ。お店もかなり小さく、まるで屋台のような感じのお店。これはこれで雰囲気が出ていていいですね。

メニュー

鶏皮10本セット 1800円

大体一本200円ですかね。
鶏皮は一本180円。串にしては若干割高感は感じますが博多の焼き鳥だとこんなもんなのかも?

ゆずタレで頂くようですね!美味しそう。

アラカルト

とりあえずのビールを頼んだあとは、鶏皮を10本。

ぎっちぎちに巻いてある特徴的な鶏皮。巻いてあるので余分な脂が落ちていて外側パリッとした食感が最高です。鶏皮の食べ方でいったらこれが一番なんだろうなと思います。やきとり10本も食べたらお腹いっぱいになってしまう感じがしますが、この鶏皮は脂分たっぷりなのに、何本でも食べられそうだから不思議。ビールのお供としてはこれ以上無いくらい美味しい!

お通しはキャベツ。お変わり自由だそうですし、甘くて美味しいキャベツでした。
この後はどんどん頼んでいきます。まずはせせりかな?

この辺りから飲み物をハイボールにチェンジ。
ハイボールと焼鳥っていうのも悪魔的に合うんですよね〜。

肉巻きトマト串。定番だけどトマトの酸味と豚肉の相性は言わずもがなでばっちり。

思いの外豪華だったのが厚揚げ。薬味たっぷりなのがうれしい!

こちらは肉巻き生姜。
肉巻き生姜は初めて食べる気がしますが、これはこれでうんまい。胡椒と生姜って合うんですね。

つくね!タレが焦げた香ばしい香りが食欲とお酒をすすめます。

なんこつ!
ぱぱっと串を頼んで今回の昼飲みはおしまい。
なんだかんだで結構飲んで満足な昼飲みでした。

ごちそうさまでした

、もうちょっといっぱいお店開いているイメージでしたがそんなことなかったのが残念。
それでも博多のとりかわがたくさん食べられたのは良かったです。
お店も小さいので、大人数で長居するようなお店ではないですが、今回のような軽い昼飲みなんかには最適なんじゃないかなと思いました。美味しかったし、良いお店でした。

関連ランキング:焼き鳥 | 神田駅淡路町駅新日本橋駅