大阪の人気店が担々麺で赤坂に進出!「人類みな麺類RED」

人類みな麺類RED

人類みな麺類REDの詳細はこちら

どうも、二日酔い飯です。、そんなに広い街ではないんですが、この小さな地域には、たくさんの担々麺を出すお店があり、また新たに担々麺のお店もどんどんオープンしているという担々麺の激戦区なんです。が、皆さんがラーメン屋の店主だとしたら赤坂で担々麺屋、オープンしたいでしょうか。地価も高いし、激戦区ということは数々の人気店相手。厳しい戦いが予想されます。ましてやですよ?既に人気のラーメン店が敢えて担々麺をメニューに加えて赤坂に出店するなんてことが……、あるんです。今日ご紹介するのは大阪で人気のお店が担々麺を引っさげて赤坂に進出。その名も「人類みな麺類RED」。

人類みな麺類red_外観

大阪の有名店は「人類みな麺類」。REDってついてるのが担々麺ってことなんでしょうかね!昔相席屋だった場所の跡地に堂々オープン。なんか、オープン初日?はラーメンがタダで食べられるイベントやっていたらしいです。関西っぽいなぁ〜豪快。人気店なので混まないように、開店と同時に入店。

お店の中に入ると、巨大なモニタと大音量でミスチルのライブが!
ミスチルかなり好きなんでしょうね。お店のいたるところにミスチル感が。

人類みな麺類red_内観

カウンターの奥にはお酒もいっぱい。

人類みな麺類red_内観
メニュー

担々麺 原点 750円

担々麺 micro 750円

担々麺 macro 750円

人類みな麺類red_外観

担々麺は魚介ダシ100%の担々麺である原点と、醤油本来の旨味、酸味や塩味などすべてを許したというmicroに、あさりなどの貝出汁系のmacroの三種類。はじめてなので、原点をチョイス。トッピングは挽き肉のみと叉焼が1枚で+250円。今回は原点に叉焼一枚を追加して、さらに特製チャーシュー丼を追加。ランチタイムは100円引きになるので250円で追加することが出来ます!

担々麺 原点 チャーシューのせ

しばらく待っていると担々麺が登場。

見た感じは担々麺感があまりないですね。
スープは透き通った赤色。具材はたっぷりの挽き肉に、二郎系を彷彿とさせる巨大なチャーシュー。ねぎ、青梗菜。これは面白いですねぇ。

スープを一口飲んでみると、強烈な出汁。
ぴりっとした辛さも十分にあるんですが、最初に来るのが強烈な出汁の香り。挽き肉がかなり甘めに作られていて、スープ自体も甘く感じます。これのスープは美味しい。甘みとコクと辛味が絶妙です。ごま感は皆無。

人類みな麺類red_担々麺

担々麺にしては珍しい太めの中太ストレート麺。
練り込まれているのはゴマ?!美味いスープにあう。なんだろう。総合的に見て担々麺感は無いはずなのに、担々麺を感じる。この一杯にはしっかりと担々麺のイデアが分有されているということなのか!

で、チャーシューがとっても大きいです。
こんなに大きかったのであればチャーシュー丼ではなくて白米で良かったなとちょっと思いましたが、ホロホロで蕩けるようなチャーシュー。おいしい。

さて、チャーシュー丼に行きましょう。

人類みな麺類red_チャーシュー丼

ご飯の方のチャーシューは少し固めに仕上げられていて、マヨネーズとタレの組み合わせが悪魔的。美味しい。さらにスープを少し入れながら食べるともっと美味しくなります。

器が尻すぼみの形なので、そんなにスープの量自体は多くはないということもあり、なんだかんだでスープ全部飲んじゃいました。美味しかった!

ごちそうさまでした

さすが西の人気店。普通の担々麺とはちょっと違いますが、美味しい。
これならたしかに赤坂に担々麺で勝負を挑もうと思う気持ちもわかりますね。もしかしたらこれから東京でも人気が出て混んでしまうかもしれないので近々またいこうかなぁ〜。大量のミスチルを浴びながらの担々麺。おいしかったです。いいお店でした!

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅