赤坂担々麺といったらまずここ!「希須林」

希須林

希須林の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。最近赤坂の担々麺を色々食べ歩いているのですが、そろそろ原点回帰!というわけでもないですが赤坂の担々麺の雄「希須林」に行くことにしました。というのも、最近色々食べすぎて希須林どんなんだっけ?とふと思ってしまったところもあるので、ここらで再確認しにいきましょう。

さぁ、久しぶりの希須林、めちゃめちゃ空いているように見えますが、ちがいます!
お昼時となれば行列になるお店なんですが、それを見越して開店直後に来てみました。これでも一番乗りではなくて中に入ったらお客さん二人いたのがやばいですね。

まず中で食券を買って、こちらのお店食券機の上におしぼりと前掛けがあるので必要ならとって席に付きます。

メニュー

(小辛、中辛、大辛) 980円

排骨担々麺(小辛、中辛、大辛) 1280円

汁なし担々麺 980円

希須林といったらやっぱり排骨担々麺!久しぶりなので、楽しみです。

排骨担々麺

ライスの有無を聞かれたので半ライスを注文。

これこれ!味噌ラーメンスタイル?で、スープと野菜を一緒に煮込んでいくスタイルなのでスープ自体もあっつあつでいい感じ。一口スープを飲んでみるとクリーミーで、濃厚。コクがあっておいしいスープ。独特なんですよねぇ。
ごまの風味も全面にくるのでまさに担々麺といったかんじ。スープと一緒に最後合わせてあるのに野菜はちゃんとシャキシャキ。後で知りましたが野菜大盛り出来るんですね。野菜多めと隣で言っている人が居てなるほどと思いました。

そして、この排骨。ほんのりカレー風味でスープにも負けないパンチがあります。
スープに浸して食べると美味しいんですが、このまま2~3切れ御飯の上に載せて食べるとこれまたうまい。

担々麺としては完成された一杯という感じでしょうか。
付け合せのザーサイは味が濃いので、スープに浸して食べると丁度いいかも。

多少残念なところがあるとすると、排骨カレー風味が結構強くあじがこいので
食べ終わる頃になると、ちょっとスープが排骨の味に負けちゃってるきがするんだよなぁ
だんだんスープが薄くなっていくような感覚。

ごちそうさまでした

にしても、ボリュームもあるし繊細な風味のスープは間違いなく美味しい部類に入るかなと思いました。
赤坂の担々麺と言えばやはりここを外しては語れないのはそのとおりだなと思いますし、また色々食べてここに戻ってくるんだろうな〜という気持ちで美味しくいただきました。

関連ランキング:担々麺 | 赤坂見附駅赤坂駅溜池山王駅

関連投稿