話題の大塚国際美術館の中にあるレストラン「Cafe de Giverny」でランチ

Cafe de Giverny

せっかく徳島に来たので、鳴門の渦潮見るついでに最近話題の”大塚国際美術館”に寄ってみることにしました。日本で一番高い入館料とのことで、3000円近く掛かるのですが、膨大な作品があるので終わってみれば妥当、むしろ安いくらいだと思います。今回はこの美術館に入らないと行くことが出来ない「CAFE DE GIVERNY」でご飯食べてきました。

cafedugiverny_外観

フードコートのような感じになっており、料理を注文したら呼び出しの装置を渡されて、出来上がったら料理をカウンターまで取りに行くスタイル。座席はテラス席もかなり多く、天気の良い日は外で食べるのも気持ちがいいかと思います。

ランチメニュー

  • cafedugiverny_メニュー
  • cafedugiverny_メニュー
  • 鯛炙り丼 1000円
  • ヴィーナスカレー 1000円
  • 阿波尾鶏のチキンカツ丼 1000円
  • カツカレー 1000円

なるほど、メニューも色々考えてあって面白いです。鯛や阿波尾鶏は徳島県の名産。ヴィーナスカレーはヴィーナスの誕生のあの貝をモチーフにしたシーフードカレー。カツカレーに意味があるのかは不明ですが、カツカレー嫌いな人なんか居ないんで絶対正義。せっかく美術館に来たなら大塚国際美術館らしいヴィーナスカレーかなと考え、注文!

ヴィーナスカレー

席を探して一旦落ち着きます。平日にもかかわらず結構人は多いなと思いました。さすが注目の美術館。この場所以外にも美術館内にレストランがいくつかあるようで、お店自体はそんなに混んでいなかったのがウレシイ!しばらくして呼び出されてカレーを受け取ります。

ばーん。貝の器が結構可愛らしいです。御飯の上に載っているのがホタテのフライ。さらにボイルしたエビと焼き野菜が載っていて見た目的にもキレイな盛り付け。焼き野菜の中にはさつまいもも入っていましたが、そう言えば鳴門金時って有名かも。と思い出しました。

cafedugiverny_カレー

カレーの味はピリッと辛味は感じますが、全体的に甘いカレーです。カレーの中にある具材は正方形に切りそろえられていてなんとなく出来あえのカレーと言うイメージ。ただ、美味しくないカレーなんて存在しないのでもちろん美味しかったです!

cafedugiverny_カツ丼

ちなみに、こちらは阿波尾鶏のチキンカツ丼。
これはこれでとっても美味しそうでした。

ごちそうさまでした

四国ちょこちょこ回っていて、どこも料理が安いなぁという印象だったのでランチ1000円!が久々でちょっと躊躇しましたがアレだけの美術館なので全体的な体験のコスパとしては全然悪くないかなと思います。むしろとっても広い美術館なので、しっかり休憩しつつじっくりと作品を鑑賞できるいい環境だと思いました。

関連ランキング:カフェ | 鳴門市その他