六本木に現れた謎のつけ蕎麦店「辛流」

辛流

辛流の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。最近六本木でお昼食べてないなぁと思いながらフラフラしていたら見慣れないお店が。その名も「辛流」。なんだろ、韓国料理屋だろうかと近づいてみたら、なんとつけ蕎麦。名前のイメージと随分違っておもしろいですね。お店の前まで近づいてみても……。全然蕎麦感はないw

ただ、少し前に来たときにはなかったような気がするので、新しくオープンしたお店なのかな?ということで入ってみることに。

中は木を基調としていて、新しくてとってもきれいな店内。
すっとカウンターに腰掛けたんですが、食券式だったようで食券を買いに。
入口入ってすぐ左にあったのに全然気付かなかった^^;

メニュー

辛つけもつ蕎麦 980円

もつつけ蕎麦 980円

ゴマ豆乳つけ蕎麦 1050円

豚辛つけ蕎麦 980円

まぁ、最初なので、一番人気の辛つけもつ蕎麦に。
っミニ辛流豚丼ってのも美味しそうだったのでつけてみました。

辛つけもつ蕎麦 + ミニ辛流豚丼

さて、食券を買って渡すときに辛さを選べるようでしたが
あまり辛すぎてもあれなので3辛に。なんと10段階まであるらしいです。
ミニ辛流豚丼も普通の辛さでお願いしました。

そうして、登場したのがこちら。

蕎麦は少し幅広でぼそっとゴワッとした蕎麦。量的にはチョット少ないかも。
スープは真っ赤で、ニラやねぎ、唐辛子がはいったガッツリ系の汁。

一口飲んでみると、美味しい。もつの旨味がガッツリ感が結構あう。
真っ赤ですが、辛さは丁度いいくらい。そばを入れてみると、ゴワッとした蕎麦との相性はいい感じ。美味しいのでするすると食べられます。途中で蕎麦がブチブチ切れてしまって、汁が飛ぶので紙エプロンは必須でしょうか。どっちかというと、これラーメンでも良いのでは?とも思います。

で、これが美味しかった。辛流豚丼。甘辛いソースにしっかりと使った豚。もうちょっと厚みがあれば更に最強だったなぁという思いはありますが、タレと豚の旨味がご飯にめっちゃ合う。ちょっと辛みが強いのもいい感じ。

これ、あれですねミニではなくて、辛流豚丼のために来てもいい感じ。

ごちそうさまでした

家に帰ってみて色々調べてみると、こちらのお店宇都宮で人気のお店だそうで。六本木でも深夜までやっている宅配のお店というので話題になっていたようです。つけ蕎麦は美味しいけどボリュームがちょっと寂しいですね。宅配で辛流豚丼あれば頼んじゃうかもしれない……!

関連ランキング:そば(蕎麦) | 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

関連投稿