北海道音威子府の蕎麦を東京で「音威子府TOKYO」

音威子府TOKYO

音威子府TOKYOの詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。音威子府ってわかります?私も何だそれ?と思っていたのですが、北海道の地名でなんでも、そこでしか食べられない珍しい蕎麦があるらしいんです。が、なんとそれが東京で食べられるという噂を聞きまして言ってみることにしました。場所は四谷。こんな東京のど真ん中にあるとは!

かなり小さなお店で、カウンターと座敷がひとつ。
お昼時に伺ったときには予約のお客さんがいて、ちょっと外で待つことに。
北海道の蕎麦が食べられるということで界隈でも有名なんでしょうかね。

メニュー

ざるそば 680円

冷やしたぬきそば 980円

たぬきそば 980円

音威子府セット 1280円

極上音威子府 1890円

どれも美味しそう。蕎麦は普通の蕎麦と音威子府の黒い蕎麦が選べます。
もちろん、音威子府の蕎麦を食べに来たので黒い蕎麦を選ぶんですが、ザルではなくて冷やしたぬきそばにしてみました。好きなんですよね〜

冷やしたぬきそば

しばらく待っているとおから登場。

店員さんから音威子府について知っているか尋ねられました。知らなかったのですが、北海道にはよく行くのでその辺りも含めて話したら、音威子府についてとっても詳しく教えてくれました。かなり気さくな店員さんで、お客さんにいろいろ話しかけているのが印象的。そんなこんなで待ち時間もあっという間に過ぎて蕎麦が登場。

冷やしたぬき。
とにかく具材が多いですね。わかめ、ネギ、きゅうり、揚げ。そして、蕎麦が真っ黒。そばの実を丸ごと砕いて作る”挽きぐるみ”という作り方をしているらしく、荒く挽いた蕎麦になります。結構しっかりした蕎麦で、ひとくち食べてみると、うまい。粗挽きだから風味が強く香り高いそばになってますね。

このガッシりした蕎麦が、甘めのつゆと揚げかすの油ととっても合います。
結構蕎麦の量は多めですが、するすると食べることが出来る美味しい蕎麦です。

最後蕎麦湯を頂いて終了。
お腹もいっぱいになるし、美味しいし大満足。

ごちそうさまでした

北海道の音威子府というと、札幌からだと車以外ではなかなか行くのが難しいくらい遠く、電車もホントに数本あるかどうかの感じなのでなかなか行きづらい場所なんだそうで、そんなところの蕎麦をまさか四谷で食べられるとは。お店自体は音威子府の道の駅みたいな感じになっていましたが、とっても貴重なお店だと思います。興味が出た方は一度行ってみることをおすすめします^^

関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

関連投稿