六本木「なかみ屋 本店」で究極のホルモン焼きとクッパを堪能

なかみや 本店

六本木交差点にある”銀だこ”の横の道を少し奥に入ったところにあるホルモンのお店「なかみや」。ランチには大量の肉と大盛りご飯の定食が食べられてとっても満足度の高いお店なんですが、今回始めて夜に利用してみました。

なかみや_外観
メニュー

コプチャン 780円

ホルモン三種盛り 1580円

レバ焼き 980円

上ミノ 980円

和牛上カルビ 1580円

霜降りハラミ 1580円

青ネギ上カルビ 2580円

青ネギタン塩 1580円

  • なかみや_メニュー
  • なかみや_メニュー
  • なかみや_メニュー
  • なかみや_メニュー
  • なかみや_メニュー

ホルモンだけかとおもったら、普通のお肉もちゃんとあるんですね。

アラカルト

とりあえず食べたいものから注文!
こちらのお店はガスの七輪で焼いて食べます。

なかみや_しちりん

最初はレモンサワー。
お通しの煮物も味がよく染み込んでいて美味しい!

なかみや_レモンサワー

最初に頼んだのはチャンジャと

なかみや_チャンジャ

ホルモンの和え物。

なかみや_ホルモン

あとはタン塩焼きとハラミかな?を頼んで、お肉が来るまではこちらのおつまみをいただきます。チャンジャはよくある感じのチャンジャでしたが、このホルモンの和え物はなんだったっけなぁ。コリッとした歯ごたえが面白い部位でした。

なかみや_タン

そして、タン塩。
一旦これを頼まないとなんとなく始まらないのは日本人だけなんでしょうか。
本場の韓国でも最初はタン塩なのだろうか。

なかみや_ハラミ?

美味しそうな赤身肉!赤身三兄弟という名で、サガリ、メガネ、チャックという部位を推しているそう。とりあえずどの焼き肉も肉の味が強くて美味しい!

そしてここで、もう一度タンへ。次は青ネギタン塩を注文。

なかみや_ネギタン塩

がっつりネギが塗ってあります。
このまま焼いてネギの麺はそのままに片面焼きで頂くようです。
めちゃめちゃ柔らかくて、味がついたネギの香りがタンにピッタリ。

そして、肉をいくつか頼んだあとに、ホルモンにチャレンジ。
最初は三種盛りで、レバーと上ミノ、軟骨を注文してみました。

なかみや_ホルモン

レバーも美味しいし、軟骨は食感がとってもよく、一番好きな上ミノは食感ももちろんそうなんですが、噛めば噛むほど味が出てくるのもいいところ。

なかみや_ホルモン

もう一度タレのミノ。
ホルモンは良く焼いたほうがいいので、自然と焼いている間会話が弾むところが飲み会にはぴったりだなぁと思いました。普通に肉だけだったら速攻終わってしまうところ、ホルモンがあるとゆっくり話ができる時間がとれますね。

最後、締めをなににしようか考えていたら目に入ったのがクッパ!

なかみや_クッパ

真っ赤なスープですが、これがまたしっかり辛いんです。
旨みたっぷりだけどしっかり辛いスープで食べ始めて暫く経つとどんどん汗がにじみ出てきます!でも美味しいから止まらない!
ハフハフいいながら最後の締めまでしっかり頂いて終了。

なかみや_クッパ

ごちそうさまでした

なんだかんだで、ホルモンなら安く済むかな?とおもって「なかみや」にしたんですが、最終的にはなんだかんだで食べすぎ、飲みすぎてしまったようで結構なお値段に。こんなに大宴会ではなくてちょっとした飲みくらいならもっと安く抑えられたのになぁとちょっと反省。ただ、お肉はとっても美味しかったのでまた着たいと思いました。

関連ランキング:焼肉 | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅