六本木ヒルズ内に新しく出店した鰻屋「鰻處 黒長堂」

鰻處 黒長堂

2018年、六本木ヒルズの5Fのレストランゾーンの店舗入れ替えで新しく入った鰻屋。鰻は黒くて長い!というところからの名付けでしょうか。

「黒長堂」

食材が食材なので、とっても高そうなお店ですが一度くらいは行ってみようと思いました。こちらのおみせ、鰻を蒸さないでそのまま炭火で焼くというお店のようです。蒸さない鰻ってあんまり食べたこと無いかも。

店内には瓢箪が一杯あります

ランチメニュー

ランチとは思えないとっても強気な価格設定が並びます!

やっぱりとっても高い!!

  • 国産うなぎ白焼/蒲焼定食 6,800円
  • /ひつまぶし特々上(天下無双) 8,800円
  • うな重/ひつまぶし特上 6,800円
  • うな重/ひつまぶし上 4,800円
  • うな重/ひつまぶし並 3,800円
  • うな丼 2,800円
  • うなとろ丼 2,300円

せっかく来たし、とはいえ最初から高すぎるのも考えもの。一応鰻をちゃんと楽しめそうな一番安いのということで、うな丼に決定。

うな丼

カウンターで座っていると、店員さんが鰻をバンバン捌いていきます。手際が良いのでついつい見入ってしまいました。

そしてうな丼が到着。この蓋を開ける瞬間が楽しみ。いざ蓋を開けてみると鰻の良い香りがふわっと漂ってきます。

美味しそうな鰻。量は少ないですが存在感はあります。ひとくち食べてみると、やっぱり鰻。美味しい。蒸してないので、ふわふわした鰻とはちょっと違って、すこし弾力が強くて硬め。炭火で直接焼いているので結構焦げた部分が多いですが、そんなに焦げ感は感じませんでした。

そして一緒についてきた山椒は生山椒とのこと。生の山椒ってあんまり食べたことが無かったのですが、香りが乾燥よりも強いかな?

生山椒

美味しいうな丼ではありましたが、やっぱり蒸したふわっふわの鰻のほうが好きかなぁ。あとは値段に対しての量がやっぱり気になってしまいました。

ごちそうさまでした

もうちょっとランチタイム、リーズナブルな値段でこれを出してもらえれば普段うなぎ食べたくなったときも行きやすいと思います。が、今の感じだとあんまりリピートはしないかなぁ。まぁ、蒸さない鰻がどんなもんかはわかったのでいい体験でした。

関連ランキング:うなぎ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅