たまたま前を通ったら買えてしまった「空也もなか」

空也

空也の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。「空也もなか」、ご存知でしょうか。私は名前だけ薄っすら聞いたことがあるような…ないような…というくらいの認識でした。なんでも東京の名品土産としても必ず名前が上がるほど。また、予約でしか買えない日もあるほどの人気。というか、基本予約販売らしいです。夏目漱石など多くの文豪が愛したとか…。
ま、そんな「空也もなか」なんですが、たまたま銀座を散歩中に通りかかったらお店が空いていて。予約販売必須なんて知らないまま入って一つくださいと言ったら普通に買えてしまいました^^。

なんでも先程から少し余裕が出てきたので普通にお売りできるようになったとか。
キャンセルでもあったのかしら。で、一つ買ってでてきたらお店の前に長い列が。絶妙なタイミングで通りかかったんだろうなこれ…。ということで「空也もなか」どんなものか試してみましょう!

メニュー

空也もなか 10個 1,030円

一箱いくつ入っているのかもよくわからないままとりあえず一箱購入したのですが、10個入りで1030円。
一つ100円と考えればそんなに高い!ってほどでも無いような気がしますね。
ちなみに常温で一週間ほどもつそう。

食べるのを楽しみにしながら家に持ち帰ります。

空也もなか

では早速開けてみましょう!

10個、こういうふうに入っているのね^^。
ちょっと想像と違ったというか、キレイに箱に収まっていますね。

お茶も入れたので、一つつまんで一口食べてみると…
もなかがフワッフワ。とろけるような感覚でサクッと消えてなくなるような感じ。
中にはあんこがたっぷり詰まっているんですが、スッキリした甘さのあんこで、全然しつこくない。
全体的にかなり上品にまとまったモナカだなぁと思いました。手土産でもらったら嬉しいわ!

ちなみに、この最中。もちろん一日で10個も食べれないので一日一個ずつくらい毎日消費していくわけですが
最中に水分が移っていくのか、最初とだんだん食感変わってきますね。2日くらいたつと、最中とあんこが交わってより食べやすくなりますね。それでもサク感は残っているのがすごい。

ごちそうさまでした

なんとなく、聞いたことはある。というような空也もなかですが、幸運にも食べることができてよかった!
たしかにこれは手土産なんかで持っていけばとっても喜ばれそうですね。流石に手土産で持っていきたいときにはちゃんと予約したほうがよさそう^^。もしかしたらもうチャンスはないのかもしれませんがまたタイミングが合えば買いに行きたい!

関連ランキング:和菓子 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅

関連投稿