青山一丁目、本場のスリランカカレーが味わえる「タップロボーン」

タップロボーン 南青山本店

青山一丁目からすぐ近く、ビルの下にある飲食店街に入っているカレー屋さんが調べてみたら実は有名だったので行ってみました。場所は「ウィン青山」。前回「麺屋すみす」を食べたところです。たしかにカレーの香りもすごいしていた事を思い出してきました。

お店の前が凄いことになっています。メニューや雑誌、スリランカの国旗やらなんやらでごちゃごちゃしています。ちょっと異国ぽいかんじがしてきます。内装も異国感のある装飾になっており、本場の感じがします。

ランチメニュー

  • Aランチ(2+ナン+サラダ) 980円
  • Bランチ(1カレー+ナン+サラダ) 880円
  • Cランチ(チキンカレー+炒飯+サラダ) 900円
  • Dランチ(チキンカレー+ビーフン+サラダ) 900円
  • デビルライス 980円
  • チョップシーライス 980円
  • ジャパランカカレーライス 980円
  • ロティーラップ 900円

デビルライス!なんていう興味をそそるメニューもありましたが、今回はCランチにしてみました。チキンカレーとスリランカ風炒飯。

Cランチ(チキンカレー+炒飯+サラダ)

最初に来たのはサラダ。スリランカ感は特になく、普通のサラダ。品目が多くて、健康には良さそうだなぁと思いました。

そして、炒飯とチキンカレーの登場。

玉子がのっている真っ赤な炒飯。普通の中華の炒飯とは全然違います。

チキンカレーはごろっと鶏肉がはいったシャバシャバカレー。ほぼほぼ液体の状態ですが、ひとくち食べてみると、スパイシーで美味しい。鶏肉もホロホロでとっても美味しいです。辛さは結構辛めで、下にピリッと残るくらいの辛さ。

炒飯は人参メイン?ケチャップ・ソースなのか、スパイスも強くてなんなのかわかりませんでした。とにかく不思議な味。あまり日本では出てこない味付けです。単体でもスパイシーで美味しいんですが、カレーと一緒に食べると旨い。カレーの辛めのスパイシーさが玉子と人参メインのスパイス炒飯がよく合う。炒飯は結構たっぷり量があるので、ボリューム的にもバッチリ。

こっちは、ビーフカレー+チキンカレー+ナンのセット。ビーフカレーを少し分けてもらいましたが、ビーフカレーとチキンカレーではやっぱり味つけから全然ん違いました。シャバシャバなのは一緒ですが、ビーフカレーのほうが濃い味でした。ナンは結構巨大。ビーフカレーとチキンカレーを足してもちょっとナンが残っちゃうようなバランスでした。

ごちそうさまでした

スリランカの料理ってあんまり食べたことがなかったです。最近だとスリランカカレーは流行っているらしいのでこれから人気になるかもしれませんね。カレー以外にもユニークなスリランカ料理を出してくれる評判のお店なので、夜にもうちょっと本格的なスリランカナイトを楽しんで見る。のもいいかもしれません。

関連ランキング:スリランカ料理 | 青山一丁目駅外苑前駅乃木坂駅