ついに来た!鉄板焼!六本木!「うかい亭!」

六本木うかい亭

六本木うかい亭の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。今回は六本木にある「うかい亭」!名前は聞いたことがあって、いつかは行ってみたいなと思っていたお店ではあったんですが、めぐり逢わせがありまして、ついに行くことができました。場所は六本木けやき坂通りの二階。入り口まで来るとおしゃれな感じでちょっと入りづらい^^

中に入るとまた内装がラグジュアリーでいいですねぇ。各テーブルではお金持ちそうな人たちが談笑してますw
こんな世界もあるもんなんですね!席につくと、なんか妙にピッカピカな吸煙機^^

メニュー

シェフおまかせコース 38500円!

おまかせコース38500円ってのもすごいですが、最初に出てきた食材もまたすごいこと……。
アワビにキャビア、クエに海老、お肉などなど。これは楽しみですね!

シェフおまかせコース

で、最初に出てきたのが、いきなりラスボス感あるんですが^^;
ボタンエビとキャビアとコンソメジュレ。金箔載ってますけどw

金箔は味しないんで一旦置いといて、プリプリのボタンエビとねっとりと濃厚なキャビアがとっても合う。
なんだろう、さっぱりコンソメジュレと合わせてとっても上品で美味しい一品になってますね。
というか、キャビアなんか数えるほどしか食べたこと無いから感動!とんぶりとは似ても似つきませんね!

そして、続いて牛タンと加賀れんこん。

!とは思えない柔らかさ。いわれないと牛タンってこれわからないですね。
とろけるような食感で、焼いた加賀レンコンもシャキシャキで美味しい!贅沢なかんじがしますね!

そして、。これは食べ終わると無限に置いてくれます。ので、食べすぎに注意^^

自分は気がついたら三回くらい置かれていたのでハーフ〜一本は食べたかもしれない^^

そして、アワビの春巻き。

なんと、アワビを春巻きにしてしまうなんて……。
常人には信じられないメニューですね!と思いながらひとくち食べてみると、うまい。
春巻き自体も好きですが、中にはいっているアワビの食感と旨味。ソースこれ肝ソースですね。
少なくともこんなに贅沢な春巻きを食べたのは初めてですね!なんともいえない旨さ。

そして、なにやら鉄板の上でちっちゃいSTAUBを温めていたなぁとおもったら急にカニを焼きだして!
STAUBの蓋を開けて焼いたカニをON!これぞ、かにリゾット……。

当然美味しいに決まっていますね!!ふわっと焼かれたカニも絶品ですが、リゾットの方にもカニのエキスがしっかり入っていて、文句なしに美味しいです。カニをこんなにふわっと焼けるものなのか。

そして、クエの獺祭粕漬け。

獺祭の粕漬けって、粕漬けで銘柄つきなのってあるんですかね!獺祭はフルーティーなのでこれも?と思ったら、確かに風味は獺祭っぽいですね。爽やかな感じと、クエの淡白だけど強い旨味が合わさって美味しい。この適度にホクホク感があるのもよい。

で、そろそろお腹いっぱいだよなぁ〜と思っていたらメインのお肉。

当然ながら柔らかくて美味しい!というか、今までのが豪華過ぎてなんかお肉がメインって感じがもはやしないですね。すーっと通り過ぎていく高級お肉。すごい体験をしている^^;

終わりかと思ったら締めがありました!

トリュフうどん……。出汁は柔らかくてさっぱりしたところにトリュフの香り。
まぁ、トリュフの香りが必要だったか?と言われるとアレですが、ココまで来たら最後までやりきる、そういう姿勢はめっちゃいいと思いました。

で、デザート……。いい加減お腹いっぱいだなぁとおもいつつパフェを注文。

栗おいしい!別腹別腹ー!とおもっていたら、最後コーヒーとお茶請け。

お茶請けはお好きなものをどうぞと言われて全種類とってしまった……。

ひー、苦しい!お腹いっぱい、大満足でした。

ごちそうさまでした

まぁ、お値段見ても内容見ても、そりゃそうだよ!となると思いますが、美味しかったです^^
一生で何度もこれるような場所ではないと思うので、この思い出は大事に心にしまっておこうと思いましたw
こういうところにさっと来れるようになりたいですね!おいしかったです。

関連ランキング:鉄板焼き | 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅

関連投稿