神田カレーのといえば欧風カレーの名店「ボンディ」

ボンディ 神田小川町店

神田のカレーといえば誰もが思いつく有名店「ボンディ」。本店は本屋さんの2階だか3階だかにあるんですが、とっても混んでいて入れなかったので、近くにあるもう一店舗のほうへ行ってみました。

「ボンディ 神田小川町店」

こちらのボンディは比較的空いていました。が、それでも階段で何組か待っている状態。さすが人気店。メニューを見ながら待つこと10分ほど。無事、中に案内されました。

ランチメニュー

  • 豪快スペアリブカレー 1,850円
  • チキンカレー 1,480円
  • ポークカレー 1,480円
  • チーズカレー 1,480円
  • エビカレー 1,480円
  • アサリカレー 1,480円
  • 野菜カレー 1,480円
  • ミックスカレー 1,630円
  • キノコカレー 1,630円
  • ホタテカレー 1,630円

人気No1はチキンカレーのようです。スペアリブカレーは限定10食。初訪問なので、一番人気のチキンカレーに決定。

らっきょうに福神漬け、干し葡萄もあります。

チキンカレー

最初に出てくるのは蒸したじゃがいも!

このじゃがいもがあるので、ご飯は少なめにしておきました。ホクホクの熱々じゃがいもはそのままバターで食べても美味しいですが、一個は残しておきます。

そしてチキンカレーの登場。ごはんは少なめにしています。梅干しと漬物が左上にちょこんと。ご飯にはチーズが乗っています。

ごろっと大ぶりのチキンが入っています。カレーを一口食べてみます。スパイスが鼻に抜ける感じの後に、甘みと旨味が続きます。結構甘めなカレーだと思いましたが、最期にピリッとした辛さがしっかりあるようなカレー。ライスにかけてみます。

ライスの上に掛かっているチーズと、ライス、カレーの相性がすごい良い。安定感のある美味しいカレーだと思いました。せっかくなので干しぶどうも入れて食べてみましたが、甘さが更に強調されてこれはこれでおいしい。最期は残しておいたじゃがいもと、バターをライスに加えて潰して行きます。マッシュポテトと化したじゃがいもをご飯とカレールーと全部混ぜ混ぜしたらパクリ。じゃがいもとご飯とルーがうまい具合に合わさってまろやかな食感と旨味が最高。カレーにじゃがいもがついていたら、すべて混ぜて食べるのが美味しいのでおすすめです!

こちらはビースカレーかな。一口もらいましたが味が結構違います。これは全部の種類のカレーを食べてみたくなってしまいます。

ごちそうさまでした

さすが神田カレーグランプリ初代チャンピオン。これだけお客さんが並ぶのもよくわかります。たしかに美味しいし、毎日食べても飽きないような美味しさがあると思います。量もかなり多いので、量重視の人も満足できるかと思います。今回は混んでいて本店に行けなかったんですが、次は本店にもならんでチャレンジしてみたいなと思いました。本店は本店でこことちょっと味、違うのかなぁ

関連ランキング:欧風カレー | 神保町駅小川町駅新御茶ノ水駅

関連投稿