六本木でちょっと良い博多の焼き鳥を「焼き鳥の八兵衛」

焼き鳥の八兵衛 六本木店

東京ミッドタウンから新国立美術館への道沿いにある焼き鳥屋。魚金のとなりを地下に入っていきます。入り口は綺麗な木を基調としたデザインで高級感が出ています。

階段を降りていくと落ち着いた空間の中にカウンターとテーブル席が。こちらのお店は完全禁煙なのでタバコの煙が一切気にならないのもいいところ。喫煙所は外に出たところに灰皿がおいてあるので、喫煙者の方も一応大丈夫。

メニュー

串以外の一品ものがこちら。

串のメニューはこちら。八兵衛の焼鳥のタレは創業から継ぎ足し継ぎ足し作られた伝統のタレ。1983年から続いているってけっこう歴史がありますね。炭はなんと備長炭。焼きにもこだわりがあるようで楽しみ。

今回は「おまかせ5種」を注文しつつ、足りない部分を注文するスタイルに。

おまかせ5種

まずは何はともあれ、。冷たくて美味しい!

おかわり自由のキャベツ盛りと、お通しのおつまみ三種。

最初に出てきたのがいきなり焼き鳥ではなく豚串!意表を突かれましたが、甘い脂がたっぷりで美味しい。自慢のタレと脂分がぴったり。これはもう一本食べたい!と思わせる味。

砂肝。コリコリしていい食感。さっきとは変わってさっぱり塩味。砂肝にしてはそんなに固くなく、とっても食べやすかったです。

ももかな。ふわふわジューシーでタレとの相性抜群。

こちらが和牛すき焼き串。春菊とえのきを和牛で巻いています。付属の卵黄に漬けていただきますが、和牛の甘い脂とさっぱり春菊が特に美味しい。卵黄が加わってマイルドな感じになってたしかにすき焼きのような感覚で食べることが出来ます。これは美味しい。

ラストはタレをたっぷりと塗ったつくね串。軟骨も細断されて入っているので、食感にコリっとした感覚があって美味しい。これはご飯にのっけても美味しそうだなぁ。

ちょっとまだ食べられそうだったので追加で何品か。

焼き鳥は関係ないけれども、エビマヨ。特製マヨネーズではちみつが入っているのかな?甘いマヨネーズがぷりぷりの海老とマッチして美味しい。カロリー高そうだけど箸が止まらない。

栃木産の肉厚しいたけ炭火焼き。きのこは炭火で焼くとジューシーで美味しい。BBQなんかでも必ずやるメニュー。ちょこっとレモンを絞ると更にGOOD。

ごちそうさまでした

おまかせ5種は1,980円とは思えないクォリティで大満足。おまかせ5種は安いんですが、串もおつまみもお酒に合いすぎてばんばん頼んだ結果、結構お酒でお金を使ってしまうという事態に。静かで落ち着いた雰囲気で話しやすい場所だったので、こんど会食とかでもぜひ使ってみたいなと思いました。

関連ランキング:焼き鳥 | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅