六本木で”三段バラ”を堪能「とん豚テジ」で韓国料理

とん豚テジ_カンナ三段バラ

とん豚テジ

、韓国料理が食べたいねーなんて話ながら韓国料理のお店に行くもなんと満席。最近寒いからまた辛い料理は人気なんだろうかなんて思いながら周りを探してみると、そういえば「とん豚テジ」は言ってみれば韓国料理じゃないか!ということで来店。

とん豚テジ_外観

大体7割くらい席は埋まっていましたが入れた!ラッキー!
前回来たときにはコースで頼んだんですが今回はアラカルトにしてみることに。

メニュー

カンナ三段バラ一人前 1400円

花三段バラ一人前 1300円

行者にんにく 580円

海鮮チヂミ 880円

こちらのお店の名物は”カンナ三段バラ”。薄くスライスしたバラ肉をカリカリに焼いて食べます。店員さんが全部焼いてくれるのも嬉しい。花三段バラは塊のまま焼いていくもので、普通のサムギョプサルにちかいかも。

カンナ三段バラ

とりあえずカンナ三段バラを注文。
これを頼むと肉の他にサンチュやタレなどでテーブルが一杯になってしまいます

店員さんに”行者にんにく”と”キムチ”がおすすめだと聞いてそれも注文してみました。なんでも、韓国では行者にんにくのナムルを命のナムルと言っているらしく、にんにくのような匂いは無いもののアリシンを含んでいるらしい。にんにくの強い匂いはアリシンなのかとおもってたけど違ったのかな。

とん豚テジ_カンナ三段バラ

下段にキムチ、上段にカンナ、焼くのはすべて店員さんがやってくれるので楽ちんです。暫く焼いていくと、豚のいい香りが周りに広がっていきますが、このいい香りの煙はとっても服に匂いが付きそう!!

とん豚テジ_カンナ三段バラ

よく焼いていくと、ぺしゃんこになってちょっとしたミルフィーユ肉に。
上側で焼いていたバラ肉の脂がキムチのほうに移動してキムチもいい感じになってきました。おいしそう!

とん豚テジ_カンナ三段バラ

そのまま焼いていくと、底面がちょっと焦げてパリッとカリッとしてくるので、そしたら完成。焼かれすぎないようにレタスの上に乗っけておきます。

タレも色々あるんですがえごまとサンチュを一緒に巻いて食べるのがとっても美味しい!香ばしい豚肉がスライスされているからかとっても柔らかい触感で最高です。行者にんにくをためしてみると、なんか一枚だけでも独特の葉の香りがあって不思議な感じ。肉に結構あうかもしれませんね。体に良いそうなので積極的に取っていきます。

ごちそうさまでした

このあと、実は花三段バラを頼んで、チヂミやら煮込みやらを頼みながら随分とお酒を飲んだんですがすっかり記録するのを忘れていました。大体準備が大変そうなものは全部店員さんがやってくれるので客としてはとっても楽ちん。ゆっくり飲むことができるし、値段も安いので普段遣いに良いかもしれません。良いお店でした。

関連ランキング:焼肉 | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅