一度は行ってみたいラーメン二郎の本店「ラーメン二郎 三田本店」

ラーメン二郎 三田本店

いつか行きたいと思っていたんですが、ようやくチャンスが訪れました。二郎ファンのひとからも、行くなら朝がいいよと言われていたので朝一で行くことにしました。目指すは開店の8:30の15分前。さっと起きてタクシーに飛び乗ります。タクシーの運転手さんはちょっとびっくりしたかもしれませんね。こんな朝っぱらから「ラーメン二郎の三田本店まで」なんて言われるとは。

到着。まだ開店前だと言うのにもう10人ほど並んでいます。周りは慶應義塾大学や、慶應義塾女子高校なんかがあって、8時30分ともなれば登校してくるひとやサラリーマンなんかも増えてきます。そんな人々を横目にラーメンに並んでいるという、ちょっとした背徳感も良いですね。

8:30ちょっと前に無事開店。一斉に猛者達が動き出します。

「事前に色々下調べしたとおりやれば大丈夫!」。そう自分に言い聞かせ、先ずは食券を購入。

  •  600円
  • ぶたラーメン 700円
  • ぶたダブルラーメン 800円
  • 大ラーメン 650円
  • ぶた入り大ラーメン 750円
  • ぶたダブル大ラーメン 850円

券売機の上には社訓がかいてあります。最後の「ニンニク入れますか?」なんて、ユニークですね。ラーメンは俗に「小」と言われるもの。小ラーメンでも全然小ではないと聞きました(普通のラーメン二杯分くらい)ので、食券購入は十分な注意が必要です。今回は朝っぱらということもあり、絶対小以外食べられないので「ラーメン」を購入。

今思えば、麺半分とかにしておけばよかった。

食券を購入して暫く並んでいると、店員さんから「食券見せてください」と言われるので、食券を提示。大体4〜5人分くらい一気に聞きます。このとき、茹でる麺の量を決めているようで、麺少なめにしたい人や、麺半分にしたい人はここで宣言します。

そして、ようやく席につくことができました。ラーメンが出来上がりそうな頃合いで「ニンニク入れますか?」と質問されます。ここで、「ヤサイ」(ヤサイ大盛り)「カラメ」(カエシ多め)とか、「マシ」とか「マシマシ」などコールというものを宣言します。が、ただでさえ多いラーメンを更に大盛りにするなんて自殺行為なきがしたので、素直に「ニンニクマシ」で注文。

そうして到着した一杯がこちら。

こちらがニンニクマシ。

よくインスパイア系にはよく行きますが、本物は初めて。スープを一口呑んでみると、あー。二郎!って感じのスープ。旨味が強いのは化学調味料とじっくり煮込んだ豚肉の旨味が溶け合ったガッツリ系スープ。ニンニクをスープに溶かしてもう一杯飲むと、至高の旨さ。たまりません。

ほろほろのブタは脂分がとってもすごい。脂でギットギトです。でも美味い。やっぱり人間欲望に一番素直になるとこういうものを美味しいと感じるんですかね。

そして、この麺。本当に全然小じゃない!食べても食べてもなくなりません。二杯分以上あるんじゃないか。このへんの量に関しては、店主の加減次第ということもあり、少なめといっても、普通と同じ量がでてくることもあるそう。にしても、このガッツリ太麺も二郎の特徴。コシが強くて小麦食べてる!という感じがよく出ている麺。いやー美味しい。

とおもって食べているとだんだんお腹が苦しくなってきます。小を全部食べ終わる頃にはもうお腹いっぱい。行きはタクシーで来ましたが、帰りは歩いて帰ることにしました。腹ごなししないと辛い!

ごちそうさまでした

かなり量が多くて食べ終わった後は「暫くはもういいかな?」と思いました。けど不思議なもので、暫く経つと無性に食べたくなります。一杯1,600kcalとか言われているし、二郎を食べに行くことだけでも一大イベントなくらい大変なので年一回くらいのペースがちょうどいいかもしれませんね。

また来年にでも来ようと思いました。

関連ランキング:ラーメン | 三田駅田町駅赤羽橋駅