稲城の蕎麦屋「福寿庵」のにしんそば

福寿庵

福寿庵の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。神奈川県の稲城、電車でいうと南武線の矢野口駅がちかいのかな。
用事があってこのあたりまで来たんですが、周りお昼食べるところが全然見当たらなくて、ちょっと大きな通りにでたら見つけたのが「福壽庵」。なんか、結構しっかりした建物で、どことなく老舗感もありますね。

中に入ると、結構人がいっぱい。やっぱりこの辺そんなにお店無いんでしょうね!(わかんないですがw

メニュー

にしんそば 1220円

炙り穴子蕎麦 1430円

鴨南蛮 1280円

豚バラとろろそば 1220円

きつねそば 730円

外が例によって寒かったので、温かいそばが良いなぁというので、久しぶりににしんそばを食べることに。
関東だと殆ど食べないんですよね、にしんそば。レアだから見つけたときに食べておかないと^^。それだけではお腹すくかなぁ〜と思ってメニューをペラペラめくっていると、ミニ天丼なるものが。

これこれ!こういうのを求めていたんだよ!ということで、合わせてミニ天丼も注文。

にしんそば + ミニ天丼

しばらく待って蕎麦が到着。

ふむ、ミニ天丼を追加したことに寄ってお膳のバランスも良くなった感がありますねw
さて、さっそくにしんそばの出汁を。

ふむ、しっかりと出汁が出ていてうまい。で、ニシンはホロホロになるまで炊かれていてとっても柔らかい。
ニシンなんか食べるの久しぶりかも。数の子はお正月とかに食べますけどね。本体は中々^^

蕎麦は少し柔らかめ。もうちょっと湯で時間少なくても良いかな?といったかんじ。
ただ、普通に美味しいの領域には達しているので十分満足!

ただ、このミニ天丼は……^^;

まず、パット見思うと思いますがタレ何処行ったよとw
あれ?タレは?とおもって、天麩羅をどけてみると、ご飯にうっすらかかってはいましたが、もうちょっとタレを馬場っとかけてくれ〜!後半味が足りなくて汁でご飯を食べるという辛い思いをしましたw

ただ、全体的にボリュームもあったし満足でした!

ごちそうさまでした

ここがなかったらお昼難民になっていた可能性があったので、ある意味大感謝なお店。一般的な蕎麦からも大きく外れず、むしろこの安定感みたいなところが人気の理由なのかもしれませんね。メニューは普通のそば店よりも豊富だし、カツカレーとかあったりするので利用しやすそうですね!

関連ランキング:懐石・会席料理 | 矢野口駅京王よみうりランド駅

関連投稿