博多、長浜ラーメンのお店「元祖ラーメン長浜家」

元祖ラーメン長浜家

元祖ラーメン長浜家の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。「博多ラーメンと長浜ラーメンは違うよ?」そんな一言から訪れたのが中洲そばにある、元祖長浜家。ぱっと写真を見ても何が違うのかがよくわかりませんでしが、話を聞いてみると

  • 長浜ラーメンは博多漁港のちかくの長浜で生まれた。
  • 細麺発祥(時間のない魚市場の人へ向けてすぐ茹でれる細麺に
  • 替玉発祥(細麺はのびやすいので量を少なくして替玉前提に!
  • 博多ラーメンよりも歴史が長い

まぁ、これだけ聞くと何が違うのかは全然わかりませんでしたが、百聞は一見に如かず。いってみましょう。

元祖長浜“屋”が一番最初で、そこの従業員が独立して作ったのが元祖長浜”家”
なるほどややこしいけど、よくある話ですね^^ここは二番目なのかな?

メニュー

 600円

替玉 100円

券売機に近づくとちょうど整備中。食券買おうと待っていると「中で直接やってください〜」
とのこと。なるほど、まぁ替玉の食券最初から買っていく人も居ないだろうし現金精算も普通にやってますよね〜。

麺の硬さを注文。まぁ、硬めで。なんだろう、柔めってなんか言いにくいのはなんかの先入観があるからなんですかね。バリカタとか粉落としが先行してしまって硬ければ硬い方がいいのではないかという先入観。自分が好きなものを食べればいいのはわかってるんだけど、なんかね、この福岡、博多の地に迎合しようとしている(のかな?^^)自分がいるのがおもしろい^^

テーブルには大量の紅生姜とラーメンのタレ、ごま。博多ラーメン、もとい長浜ラーメンぽいですね。

さて、登場したラーメンがこちら。
前回食べた一双では泡系ということでブクブクしていましたが、こちらのスープは透き通っていて我々がよく知る博多ラーメンに近い気がしますね。もとい、長浜ラーメンか!スープを一口啜ってみるとサッパリとしてコクのあるスープ。長浜ラーメン、豚骨バリバリのスープなのに、スッキリして飲みやすいのが意外ですよね。東京の豚骨のほうがブタ臭かったりしますね。

やっぱりなんとなく紅生姜をのせて頂きます。
硬めの細麺はスープをまとって美味しいですね。麺に芯があるのでポクッとした食感が最高。少しずつ紅生姜を崩しながらラーメンを啜っていくと、優しい豚骨スープのコクと、麺、紅生姜の酸味、辛味が合わさって美味しい。かなり食べやすいラーメンですね。ちなみに、

替玉発祥(細麺はのびやすいので量を少なくして替玉前提に!

とか言ってましたが、全然麺の量は多いですね。普通にお腹いっぱいになって替玉は無理そうでした。

ごちそうさまでした

ということで、始めてきた長浜ラーメン。もう博多ラーメンでいいじゃんよ!とは思いましたが、泡系とはまた違うスッキリしたラーメンで美味しかったです。多分、”赤のれん”は博多ラーメンなんですよね。そう考えると、赤のれんは六本木でよく行っているので違いがよくわかるかも。泡系、長浜ラーメン、博多ラーメン。東京でそんなに簡単に食べれないとおもうので、福岡来たときにいけてよかった!

関連ランキング:ラーメン | 中洲川端駅呉服町駅祇園駅