群馬県の郷土料理、鬼ひも川うどんを堪能「花山うどん」

花山うどん

東銀座の駅のすぐ近く、群馬県の郷土料理の鬼ひも川うどんというきしめんのような麺が食べられる「花山うどん」というお店があると聞いて、行ってみることにしました。

花山うどん_外観

早速行ってみると、もう何組か待っているよう。人気店ですね。とりあえず名前を書いて少し待つことにしました。そのまま待つこと15分くらいでしょうか。ようやく店内に入ることが出来ました。

ランチメニュー

花山うどん_メニュー
  • ざる(醤油) 750円
  • ざる(金胡麻) 800円
  • ざるふた味 900円
  • 鬼釜 980円
  • 鶏出汁南極カレーつけ 1300円

温かいものと、冷たいものがありましたが、なんとなく冷たいほうが美味しそうな感じがしたので、冷たいほうから選択。というわけで結局鶏出汁南極カレーつけにしました。

鶏出汁南極カレーつけ

この鶏出汁南極カレーつけって、数量限定なんですよね!人間、限定と言われると弱いもので……。暫く待つ間に色々と花山うどんについての読み物がテーブルにあるので読んでいきます。もともと日本橋に居た人が群馬の郷土麺に感動してお店を開いたようですね。そんなこんなで、カレーつけ登場!

花山うどん_カレーうどん

たぬきの器がなんか可愛らしいですが、パカッと開けてみると中にはカレーが!

とりあえず鬼ひも川うどんを食べてみることにします。表面はつるっとしていて、箸で持っても滑ってしまうような印象。食べてみると、適度に腰があるけど、まさに幅が広いきしめん。といったかんじ。つるっとしていて、弾力もありとっても美味しいです。

花山うどん_カレーうどん

カレーは、ごろっとした鶏肉が入っていて、味はとっても優しい感じ。つけ汁としてしっかり機能するようにすこしサラッとした感じになっています。これはこれで美味しいカレー。ご飯ともあいそう。

花山うどん_カレーうどん

そちらに浸して食べてみると、うーん。味はいいんだけど、ぬるい!確かにカレーはあつあつで、うどんは冷たいのでそれはそうか。といった感じ。やっぱり冷たいか、温かいかはっきりしたほうが良かったですね。温かいカレーうどんにしたほうが正解だったかもしれません

ごちそうさまでした

次はちゃんと一番名物の鬼釜をたべようかとおもいました。ところで、群馬って”鬼”が付く場所が多いような気がするんですよね、鬼押出しとか、鬼石とか。このうどんも鬼ひも川うどんだし、群馬には鬼の伝説が多いのかもしれませんね!そんなところにも少し興味がでてきました。

関連ランキング:うどん | 東銀座駅築地駅新富町駅