西麻布、不思議な名前のインドカレー店「嶮暮帰」

嶮暮帰

西麻布交差点のすぐ近く。建物二階にインドカレーのお店があります。1Fに看板がありますが、その周りを見渡してもお店は見つかりません。ちょっと上をみると二階にインドの国旗が刺さっている場所があります。

「嶮暮帰」

間違いなく読めないこのお店は「けんぼっけ」と読むようです。北海道に「嶮暮帰島」というものがあるようですがこっちは「けんぼっきとう」と読むようなので同一のものかどうかも不明です。

早く来すぎてしまって、お客さんは誰も居ませんでした。一番のり。むしろ店員のインドの人も奥で仕込みをしているような感じ。やっているのかちょっと不安でしたが声をかけたらこっちに来てくれました。

ランチメニュー

  • 今日のランチセット 990円
  • ダルカレーセット 1,600円

ダルカレーは5種類の豆のカレー。今日のランチカレーはチキンカレーでした。うーん。豆もそそるけれどもやっぱりカレーといえばチキンカレー。日替わりセットに決めました。

チキンカレーセット

最初に来たのはインドっぽいピクルスのような不思議な味のサラダ。前菜としてインド料理のお店ではよくでてくるような気がします。

チキンカレーの登場。とっても良いカレーの香りが漂ってきます。ここはナンではなくて、サフランライスがカレーのお供。どこかの記事でインドではナンをあまり食べないとか見たような記憶があるので、本場ではサフランライスとかを食べるんでしょうか?

サフランだけではなくて色々なスパイスが入っているご飯。食べてみるとこの御飯だけでだいぶスパイスを感じます。美味しい。この御飯だけでピラフみたいなイメージで食べられそう。スパイスが効いていていい感じ。

チキンカレー。とっても深みのあるルーでスパイスの香りが鼻に抜けていきます。辛さは中辛ではあるものの、ちょっとピリッとした感覚が残って楽しい。ゴロゴロっとはいった鶏肉はホロホロでとっても柔らかいです。サフランライスだけではなくとってもスパイスを感じる濃厚なカレールー。とっても丁寧に作られた感じが伝わってくるようです。

これをスパイスの風味たっぷりなサフランライスと一緒に食べるとスパイス感が合わさって美味しい!本当に異国の料理。という感じになります。ライスじゃなくてスパイス入のライスで食べるとこんなに美味しいんだと発見。ペロッと食べてしまいました。

ごちそうさまでした

実は西麻布で30年くらいやっている老舗のお店のようでした。確かに他のお店とちょっとちがうあのカレーであれば30年間勝負できるのも頷けます。ランチはカレー二種類ですが、夜はアラカルトもあると思うので今度は夜お酒を飲みにでもいってみたいなと感じるお店でした。

関連ランキング:インド料理 | 広尾駅六本木駅乃木坂駅

関連投稿