はじめての肉骨茶 ~ 新加坡肉骨茶 ~

肉骨茶ってバクテーって読むシンガポールの料理のようなのですが 今まで全く知らなかったので、食べに行くことに。 最近流行っている……らしいですが、全然存在を知りませんでした。 場所は赤坂駅のすぐ近くにある「新加坡(しんがぽーる)肉骨茶
肉骨茶(バクテー)とは、骨付き豚肉を様々な香辛料や漢方、 そしてたっぷりのにんにくとともに煮込んでコショウを効かせた、 シンガポールを代表するローカルフード http://www.sgbkt.jp/
つまりは、漢方系のスパイスでスペアリブを煮た食べ物が肉骨茶のようなのですが 説明を見た感じだと、とても二日酔いによさそうな感じがします。 ペーパーランチョンマットには食べ方もちゃんと書いてありました。 絵付きでわかりやすいですね。 メニューは骨[付き/無し]の肉骨茶に米か油条か麺、春菊を選ぶのが基本のようです。
  1. 骨付き肉骨茶(こっちがオススメらしい!)
  2. 骨なし肉骨茶
  3. 辛味噌ホルモン
  4. 海苔スープ
  5. 春菊スープ
  6. パクチートッピング
  7. 煮玉子
  8. 酢キャベツ
骨付き肉骨茶に骨なし肉増しとパクチーをトッピングして
付け合わせはミースア(麺)に。 スープは漢方系の風味がそんなに強くなくて日本人にも食べやすいイメージ。 豚出汁のコクと、スパイスが絶妙に合って美味しいです。 胃にすっと馴染んでほっとする感じで、パクチーにも抜群に合います。 ニンニクがごろっと入ってますが匂いは全然気になりませんでした。 オススメだけあって、骨付き肉のほうが食べ応えがあって美味しい。 黒醤油をつけて食べると、濃い味が効いてこれまた美味しい。 量的なことを考えると…… 肉を1.5倍にすると付け合わせの麺は正直要らないですね。   初めて食べましたが、胃に優しい感じの漢方スープは二日酔い明けにぴったりかと。 スープ単品でも注文できるので激しい二日酔いでもバッチリ。 これぞまさしく二日酔い飯。

関連ランキング:シンガポール料理 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅