六本木の隠れ家的イタリアン「La Sfoglina」で絶品ディナー

La Sfoglina

La Sfoglinaの詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。今回はちょっと豪華にイタリアンでも食べようかと話していて予約したのが六本木、てかあの辺りはもう乃木坂なのかな?「La Sfoglina」というカジュアルイタリアンのお店。東京ミッドタウンの庭園側、国立新美術館への通りをちょっといって奥に入ったところ。通り抜けできない道なので裏路地感あって隠れ家してるなー!と思います。今はアルコール提供が20時までなので早めに予約してなんとか2時間は確保。というか結構有名なお店で、一度行ってみたいと思っていたんですよね。結構楽しみだったり^^。今回は席だけ予約にしたのでアラカルトで行く感じに。

今は寒いですが、テラスの席もあるようですね。

メニュー

鮮魚のカルパッチョ3種 2500円

バルバリー鴨のパイ包み焼き 900円

川場村産ブラッティーナチーズのカプレーゼ 1800円

イタリア産生ハム 800円

牛フィレ肉のローストと仏産フォアグラのロッシーニ風 4800円

バッカラを詰めたカッペレッティ クリームソース 2000円

鶏肉の炭火焼き 2900円

さて、メニュー。アラカルトにすると、前菜からメインまでバランスよく頼まないといけないのがちょっと難しいですよねw最近はまぁ、多少は慣れましたが最初の頃なんていきなりメインとか頼んで店員に諭されたりした思い出も。好きなものを好きなタイミングで食べさせてくれたっていいじゃない!と思った時期もありましたが時は過ぎ、いつからか自然と順番通り頼むようになっていました。なんとなく、無用な面倒事を無意識に避けている感じなんですかね。

アラカルト

最初に頼んだのは鮮魚のカルパッチョ。
カツオと真鯛とサワラがあったんですが、その中から二種類、カツオと真鯛を選択。

美味しい……。生の魚をこんなに美味しくできるとはイタリアンもやりますね!
もちろん醤油と山葵の刺身も美味しいけど、カルパッチョ、とてもよいです。

最初に頼んだ飲み物はバラデン ロックンロールというイタリアのビール。
このあとハウスワイン飲みまくってしまうのですが、最初はやっぱりビールかなぁ。

続いてカプレーゼ。これがブラッティーナチーズ。

このミルク感!モッツァレラチーズとはちょっと違う感じのミルク感。クリーム感っていうんですかね。このチーズおいしい。切ると中からぶわーっとクリームが溢れ出してきます。んまい。

生ハム!これも薄すぎず適度にボリューミーで美味しい。とろけるよう。

バルバリー鴨のパイ包み焼き。
ちょこんとしていますが、焼き上がりまで2-30minくらいかかるパイ包み。

ひとくち食べてみるとジューシーな鴨肉がさくっとしたパイに包まれていて美味しい。
これはワインのおつまみに最適。このあたりからずーっとハウスワイン^^

パスタは最後じゃなくて中間なんですね。
ということでバッカラを詰めたカッペレッティ。

カッペレッティってなんだ?とおもったらこういう形状のパスタでした。もっちもちで濃厚クリームソースがたまらない。チーズの濃厚な香りもおつまみとして抜群の美味しさ。ワインがとまらない。

メインの炭火焼きの鶏肉!

このソースも美味しいし、ホクホクの鶏肉も美味しい。結構気にせずに頼んできたけどそろそろお腹いっぱいに^^

で、メイン中のメイン牛フィレ肉のローストと仏産フォアグラのロッシーニ風

牛肉とフォワグラとトリュフw贅沢ですねこれは。
柔らかくて濃い味の牛肉にコク深いフォワグラとトリュフの香りがたまらない。
これは美味しいなぁ〜。そして最後までワインが止まらない。結構食べたし飲んだし大満足!

最後、デザートとエスプレッソで終了!

とっても濃厚であまーいプリン。香ばしさもあってこれはおいしい。カロリー高そうではあるけど一旦気にしない!

ごちそうさまでした

さすが名店!どの料理も超絶美味しくてワインとの相性もばっちりでとっても良い時間を過ごせました。
今回はアラカルトで行ったんですが、コースってのも手軽で良いですよね。今回頼まなかったものの中にも美味しそうなものたくさんあったので、また是非再訪したいとおもいます!

関連ランキング:イタリアン | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅

関連投稿