「黒長堂」六本木ヒルズにしては珍しく、安くなったらしいので行ってみた

黒長堂

黒長堂の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。最近疲れたから鰻でも食べに行きたいねーと話していた所、六本木ヒルズにある関西風の鰻のお店「黒長堂」が、なにやら安くなったらしい?という噂を聞きました。六本木ヒルズに入っているお店って、高くなることは良くありますが安くなることなんてあるんですかね?本当かどうか確かめる意味も込め、早速行ってみましょう。

また来てしまいました、黒長堂。近くにあって行きやすいというだけでもう四回目です。

”やぶれかぶれ大奉仕”www
やぶれかぶれって久々に聞いた単語ですね。はみ出し、特別価格、びっくり!など確かにお得感が増したんだということを伝えたい気持ちはとってもよく分かるpopです。

メニュー

鰻重上 3800円

鰻重特上 5800円

鰻重特特上 7800円

さて、前回の記事と比べてみると……。
うな重並 3800円、うな重上 4800円、うな重特上 6800円

なるほど、並が上になって、一本まるまる使うようになったと。
確かに、昔の並はかなり寂しかったですからね。で、特上が1000円安くなって、特特上が生まれたみたいですね。
ということで、安くなったのであれば一本半も食べられるかの不安と共に、特上、行ってみましょう。

鰻重特上

しばらく待って特上登場。

お、ちゃんと説明の通り、器から若干はみ出ていますね、開けてみましょう。

ご飯が見えないくらいの鰻、いいですねぇ。以前の並の寂しさが嘘のよう!やっぱり鰻はこうでなくては。

弾力のある身は中に旨い脂を大量に保持していて、旨い。
関西風なので、皮目の焦げもまたいい感じで香ばしく、ご飯に合います。
また、こちらのお店自家製の生山椒があって、コレがまた美味しいんですよね。
毎回言っていますが、個人的には関東風の蒸したふわふわな方が好きですが、たまにはいいですね。

そして、この一本半の鰻、美味しいんですがご飯とのバランスがちょっと合ってないですね。
後半ご飯がなくなって鰻だけで食べるフェーズに入るとチョットしつこく感じてしまいます。
脂がたっぷりだからなのかも、結局食べ終わる頃には一本半はやっぱり多かったかなという印象になってしまったのが残念。せめてご飯があと1.5倍くらいあればちょうどよかったかも。

この脂がだんだんきつくなっていく感覚、どこかでしたなぁ〜と思ったら黒座暁楼だ!
調べてみたら系列のお店でしたとさ。

ごちそうさまでした

関西風の鰻よりも関東風の鰻のほうが好きなのは間違いないんですが、来ちゃうんですよね〜。立地ももちろんなんですが、何より焼いて終わりなので予約なんかしなくても思い立った時にぱっと入れてパッと出てくるっていうのもアドバンテージの一つのような気がするんですよね。あと何回行くのか、自分でももはやわかりませんね!

関連ランキング:うなぎ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

関連投稿