まるで酸辣湯のような平塚タンメンのお店「花水ラオシャン 本店」

花水ラオシャン 本店

花水ラオシャンの詳細はこちら

大磯に用事がありましてその帰り、平塚を通ったところでランチ何食べようかと調べてみたら美味しそうなラーメン店があったので入ってることにしました。
その名も「花水ラオシャン」このあたりが”花水”っていう地名のようでタンメンが有名とのこと。お昼少し過ぎたくらいでしたがお店は満席。少しお店の前で待たせてもらうことにしました。

しばらく待っていると店員さんが注文を聞きに来てくれました。
どれくらいの量?とかどんなメニュー?とかにもしっかり答えてくれました!

メニュー

タンメン 400円

わかめタンメン 450円

チャーシュータンメン 750円

ネギタンメン 750円

ワンタンタンメン 750円

 350円

焼きワンタン 400円

タンメン、なんと400円。どういう安さなんだとびっくり。
この値段だとサイズがちょっと気になりますが、あとから替え玉できますよと言ってもらえたので、一旦普通もりで。今回はネギタンメンに、焼きワンタンを追加してみることにしました。

ネギタンメン+焼きワンタン

カウンターには自家製のラー油など
コップがワンカップてきなガラスコップなのが味が出ていて良いですね。
この自家製ラー油が結構辛くて、入れると自由に辛さが調節できます。

最初に登場したのが焼きワンタン。
その名の通り、ワンタンを焼いたもの。あつあつの焼きワンタンに醤油とラー油をちょっと垂らして食べてみるとこれが旨い。

縁はパリッと焼き上がっていて、ワンタンが重なっている部分はもちっとしているというどっちかと言うと軽く揚がっている揚げ焼きなイメージ。これはお酒飲みたくなってしまう。飲めないランチどき頼んで後悔!

そしてこちらがネギタンメン。
透明なスープにネギがどっさり。具としては玉葱が結構はいっています。
一口スープを飲んでみると、なんと酸っぱい!酢が入っていて酸辣湯のような味付け。スープ自体にはコクが有って酢の爽やかさもあって、とってもスッキリしたスープに仕上がっています。麺はとりあえず替え玉できるのでひと玉にしたんですが、ひと玉で十分!これで結構麺が入っています。もちっとした細めのストレート麺で、スープの爽やかさとよくあっています。どうやらつなぎにかん水、卵を使っていない麺だそうで自家製麺なんだそう。

やっぱり玉葱はラーメンに合うなぁと再認識。シャキッとした食感と甘さが酸味のあるスープにもマッチしています。少し食べたら先程テーブルにあった自家製のラー油をたっぷりかけてみました。結構辛いので量は注意ですが、ラー油を入れるとこれこそまさに酸辣湯。酸味と辛味とスープのコクがたまらない!一回で二度美味しいラーメンでした。

ごちそうさまでした

店員の方もとっても優しくて接客もいい感じ。焼きワンタンもちょっと数おまけしてくれました。お客さんも常連さんが多いみたいで地域に愛されたラーメン店というのが見ていてとっても伝わりました。後で調べてみると平塚タンメンなんていうジャンルがあって酸味の効いたタンメンはこの辺のご当地メニューだったそうで食べれてよかった。

関連ランキング:ラーメン | 平塚駅