各方面から激推しされた江戸川橋の味噌ラーメン「三ん寅」は本当に美味しかった

三ん寅

三ん寅の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。最近、よく耳に入ってくるお店が有りまして。その名も「三ん寅」。なんでも北海道味噌ラーメンの名店「すみれ」で長年修行した人が独立して新しくオープンしたお店のようで。すみれと言えば言わずとしれた名店ですが、そこから独立したと言われたらたしかに美味しそう。実際言った人から話を聞くと、かなり美味しかったということで、つい最近も「三ん寅」の話を聞いたので、遂に行くことを決意したのでした。

到着したのは開店の15分前、にもかかわらず長蛇の列!
多少甘く見ていたなとはいえ、こんなにもう並んでいるものなのか。20人以上はいたでしょうか。
普段なら諦めるくらいの並び方では有りましたが、折角江戸川橋まできし……、待つことに。

大体一時間くらいですかね。並び始めてから。
ようやく店内へ!まぁ、並び時間としては比較的早く済んだほうかな?
並ぶときは暇つぶしグッズをもっていくのをおすすめします^^電子書籍が捗りました。

メニュー

味噌ラーメン 850円

醤油ラーメン 850円

塩ラーメン 850円

チャーシュー麺 1150円

麺大盛り 100円

味噌、醤油、塩があるわけですが、味噌以外ありますかね?
と言いたいところですが、天鳳のように、西山製麺 + 醤油ラーメンの旨さを知っているのであながち醤油もなしではないですが、初めてなので一旦味噌ラーメン。長時間の並びも相まってチャーシューも追加してしまいました。

チャーシュー味噌ラーメン

さて、チャーシュー味噌がくるまでカウンターを物色。
おっ!わかってますね。

西山麺とS&Bの胡椒の相性バツグンに合いますよね。
後半パラッと書けると一気に味がしまって旨いんですよ。これが。天鳳にも置いてあります。

そんなこんなで味噌ラーメンの登場。

この香りよ!運ばれた瞬間から芳ばしい香りが食欲をそそります。
スープを一口飲むと……あつっ!脂でコーティングされているのでスープはあつあつ。いいですねぇ。
深い味噌のコクと旨味が口いっぱいに広がります。あとに残ってくるのが上品な甘み。
これは旨い。複雑なコクと甘味のバランスが最高です。スープ全部飲み干したくなってしまう。
が、それを阻むのが強めの塩分。

麺は西山製麺の中太縮れ麺。ちょっとだけ硬めに仕上がっている麺はぽくっとした食感が心地よいです。
この強めの塩分と西山麺の相性よ!!

チャーシューは角切りのものと、大きく切った四枚のチャーシュー。
切り方が違うので、角切りは麺と一緒に。チャーシューはそのまま。といった楽しみ方が出来ます。
パンチの強いスープとの相性はバッチリ。

段々と後半はスープにしょうがが溶け出してきてちょっとしたさっぱり感が追加。
麺も半分くらいいった所辺りで胡椒をぱらぱらとかけると、さらに味がキリッとしまります。
辛さもこのスープに追加して最後一気に食べ進めます。

ごちそうさまでした

確かにこのラーメン、味噌ラーメンの中ではかなり美味しく上位に入ってくるなと思います。
ちょっと並びましたが、そんなことは忘れてしまうくらい没頭してしまいました。江戸川橋に住んでいたら毎日食べてしまいますね。住宅街の中にあるラーメン店だけど、この辺に住んでいる人は大丈夫かしら。とっても美味しい良いお店でした。

関連ランキング:ラーメン | 江戸川橋駅神楽坂駅早稲田駅(メトロ)

関連投稿