麻布十番、どこかアットホームなオシャレタイレストラン「SaamRoa」

SaamRoa

麻布十番商店街の途中から、「きみちゃん像」めがけて曲がってそのまま真っすぐ。気をベースにしたアジアンな内装が突然現れます。

「サムロータイレストラン」

とっても気にはなっていたものの今まで行く機会もなくようやくの来店。お店に入ってみると外観以上に、中はもっとオリエンタルな空間でした。

現金のみでのお支払い

なんとなくアジア感がでている店内。テイクアウトもできるようで、テイクアウトの人は1F。イートインは2Fといった感じでしょうか。二階に通されました。外観から思ったよりも広いイメージです。二階への階段を登ると結構広いスペースがあります。

ごちゃごちゃしているけど、そこがいい雰囲気なんですかね

お水のボトルにお店の名前と説明が思いっきり書いてあってなんか可愛い感じ。

ランチメニュー

  • グリーンチキンカレーとご飯 1,080円
  • レッドチキンカレーとご飯 1,080円
  • イエローチキンカレーとご飯 1,080円
  • 豚肉入り汁ありライスヌードル  1,080円
  • 豚肉入り汁なしライスヌードル  1,080円
  • トムヤムヌードル  1,080円
  • パッタイ  1,080円
  •  1,080円
  • カオマンガイ  1,080円
  • カオパッガイ  1,080円
  • ガパオライス&豚肉入り汁ありヌードル 1,620円

各種、大盛りは+108円。全部1,080円なのでお値段はリーズナブル。一つだけ麺飯セットがありますが、そちらは1,620円。とりあえず第一印象はとにかくメニューが見にくいです^^;背景のSaamRoaに目がいっちゃいます。緑の文字は読みにくいし、最初が英語なので迷ってしまいます。が、そんなところもアジアっぽくていい雰囲気。

ガパオライス&豚肉入り汁ありヌードル

最初はサラダとスープが登場。スープのほんのりナンプラー風味は結構好きです。サラダはオーソドックスなサラダ。メインが来るまでこちらでつなぎます。

やっぱりなんだかんだで麺飯セットにしてしまいました。すごいボリューム。

中でも最初に目を引くのはガパ…オ?なんでしょうか。これは

ガパオライスというよりはチャーハンのような容姿。上に乗っている目玉焼きがかろうじてガパオライスらしさを出しています。ガパオとライスを混ぜて炒めてしまったんでしょうか。ガパオチャーハン?食べてみると甘めの味付け。大体ガパオライスは辛いんですが、ここのガパオライスは全然辛くないです。辛いの苦手な人でも食べられます。

最初は違和感を感じましたが、味はおいしいしこういう料理だと思えば全然有りです。

そしてこちらが米粉のヌードル。あっさり味付けでうまい。こっちも全然辛味はなく、安心して食べられます。一般的なタイの米粉ヌードルではありますが、ホッとするだしの効いたスープとモチモチの米粉の安定感はさすがですね。美味しい。

ごちそうさまでした

雰囲気がとても良いので、ゆっくりランチするにはぴったりかも。麻布十番にこんなアジアンな空間があったとは知りませんでした。チャーハン風のガパオもここでしか今まで見たことがないので希少な気がします。いいお店でした

関連ランキング:タイ料理 | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅