赤坂にまたひとつ担々麺「Redsix」の個性派担々麺

Redsix

Redsixの詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。以前お邪魔したときは「鶏そば」を食べたんでしたっけね。前を通ったら担々麺の個別看板がでていたので、赤坂担々麺をやっぱり意識しているのかもしれない?と思って行ってみることにしました。オープンしてからも結構時間経っているので、だんだん定着してきたなという印象。

再びの来店。変わったところと言えば、テイクアウトのお弁当始めたくらいでしょうか。
レイアウト含めて変わらぬ安心感。

メニュー

塩そば 650円

鶏そば 900円

炙り鴨そば 1250円

担々麺 1100円

肉盛りそば 1350円

メニューは特に変わらず。今回はもちろん担々麺を選択。
こうしてみると夏季限定と書かれている冷やし担々麺もおいしそうですが、夏季とはいつからいつまでなのか。
案外頼んでみると夏からなので〜と言われそうな感じはしますね。

担々麺

しばらく待っていると担々麺が到着。
ぱっとみ、担々麺だけど全然赤くない、ちょっと不思議な担々麺。
よく混ぜると一番美味しくなるように作っていますとのことで、よーく混ぜます。

よーく混ぜるとこんな感じに。

具材が完全に沈んでしまうというのと、麺がとっても黒い!!
まずはスープを一口。どろっととってもクリーミーなスープはごまの風味が強く、そこに山椒の風味とピリッとした感じが良い感じにアクセントになっています。ラー油はかかっているものの、全然辛くない感じの担々麺。若干の酸味があるのが新しい。普通の担々麺とは一線を画したユニークな担々麺です。

底の方に具材が溜まっているので、掬い出しながらいただきます。
黒いそばのような麺と、薄味のスープ、濃い味の具材と酸味がいい感じに混ざり合う不思議な担々麺。どこか癖になってしまう味でペロッと完食。麺を食べ終わった後に、底に沈んだナッツと肉味噌がうまいのなんのって。ついついスープも飲み干しそうになってしまいました。

ごちそうさまでした

担々麺、奥が深いのかもしれない。このお店のような担々麺は初めて食べました。不思議な味の担々麺でしたが、普通に美味しかったのでまた食べに行きたいなと思いました。新しい担々麺なので普通の担々麺に飽きた方なんかはいいんじゃないでしょうか!

関連ランキング:中華料理 | 赤坂駅六本木一丁目駅溜池山王駅

関連投稿