赤坂の鰻の名店、鰻ではなくて鮪も美味しかった「赤坂宮川本廛」

赤坂宮川本廛

赤坂にある鰻の名店、赤坂宮川。そういえばここでランチ食べたこと無いなと思いつつ、さっと食べれるようなら何か食べに行こうと思い立って入店。入ってみたら結構な人、すごい人気。店内の鰻のいい香りが食欲を掻き立てます。

ランチメニュー

宮川といったらやっぱり鰻。鰻重どれにしようか選びながら「は」で行こうとおもって店員さんに注文してみたら、この通りの混雑で鰻は40min~1hくらい見てほしいとのこと。そうなるとちょっと事情が変わって約束の時間に間に合わないかも!もうちょっと余裕があるときに来ればよかったなと思いつつ早めに出るのはなにか聞いてみると通常ランチメニューとのこと。

  • 宮川御膳 1,200円
  • 本マグロ漬け丼 1,500円
  • 銀鱈西京焼き御膳 1,800円
  • 鰻炭火蒲焼御膳 3,500円

なるほど。鰻が食べれないのは残念ですが、これはこれで美味しそう。10食限定とかだしもしあるならコレでも良いかも。なんて思いながら「本まぐろ漬け丼」をお願いしました。

本まぐろ漬け丼

暫く待って来たのがこちら。想像の斜め上をいったお膳でちょっと戸惑います。

普通の鮪漬け丼かと思ったら、オシャレな小鉢が一杯ついているじゃないですか。よくよくメニューを見たらちゃんと書いてあったんですが、卵焼きとお惣菜、水菜と玉ねぎのサラダ、お吸い物、香の物がついています。この日の惣菜はひじきとおひたし。

まずは小鉢から。ひじきなんて久しぶりに食べたような気がしますが、しっかり味が染みて美味しい。おひたしも出汁がきいてGood!

そして、本命、漬けまぐろ丼。もう漬けなんで味がついているので一切れ食べてみると、これがうまい。肉厚でとろっとろの赤みはマグロの旨味がたっぷり詰まって筋一つ無いぷりっぷりの鮪。これはおいしい。そのへんのマグロ丼と比べ物にならないクォリティでした。まさか鰻屋でこんな美味しい鮪に出会えるとは。

ワサビをまぶすためにちょっとの醤油にワサビを溶かして回し入れてまた一口。鮪が美味しすぎる。塩気も強すぎずに、まろやかで甘さと風味が強調されている漬け。これで1,500円は安いかも。

ごちそうさまでした

まさか鰻の香りが充満する中で鮪を食べることになるとは思っていませんでしたが、まさかこんなに美味しい漬け丼に出会えるとは、時間無くてよかったかもしれない。とはいえ、鰻も食べに来たいので今度は時間があるときにゆっくり来ることにします。

関連ランキング:うなぎ | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

関連投稿