お祝い事に!芝、東京タワーそばの「とうふや うかい」

とうふや うかい

とうふや うかいの詳細はこちら

どども、二日酔い飯です。お祝い事がありまして、どこにしようかなと探していたら目に入ったお店「とうふや うかい」。なるほど、雰囲気は良さそうだし確かに東京タワーの直ぐ側に厳かなお店があったような気がする!ということで、予約していってみました。、東京タワーへ!

そうそう、なんかすごい入り口なんですよね!

もうちょっと奥はこんな感じになっています。

メニュー

竹コース 6480円

松コース 8000円

竹と松、そんなに内容的に大きな差はなかったような気がします。6480円か、このロケーションで個室で、まぁまぁ安いじゃん!と思って油断していると、飲み物まぁまぁしますのでご注意を^^。とはいえ、このお店持ち込み可なのでね、それを考えると全然安いんですが!

竹コース

というわけで、部屋まで通されてコーススタート!
途中広い庭とかいろいろ案内されて、なんだかアトラクションのよう。
まず一番最初は芋の子とつみれ。

芋の子は白玉みたいな感じでふわふわ。つみれは骨のシャリシャリ感がのこっていて、食感として面白いですね。
味付けはかなり優しめに。子供から老人まで楽しめるように工夫しているんですかね!

で、名物、揚げ田楽。揚げ田楽をつくる場所があるそうで、そこから持ってきてくれるらしい。

で、それがこちら!まだほんのり温かくて、パリッとした外側とふわっとした中身がいいですね〜。
塗られている味噌ダレとの相性も抜群、タレが少し焦げて香ばしい感じも美味しい!

続いて葉っぱに載った料理wこれはすごいな。

山女のおかき揚げ。姿揚げ。こんなに小さな山女。まるごと食べられますがもうちょっと大きくなるまで待ってあげても^^;ちょこんと載っている銀杏おいしかった。で、後ろにくわいせんべいと海老旨煮。右側の柿の器に入っているのが、柿の白和え。と、奥がしめじ青菜びたし。こまかい味がそれぞれちょこっとずつ食べられて秋を感じますね!

で、名物の豆腐。豆水とうふと翁とうふを選べます。と言われたんですが、どうちがうんだかは全然わからずw
調べてみたら豆水豆腐は、豆乳を出汁で割った鍋に入った豆腐だそうで。まぁ、名物は豆水です。といわれたので、そちらを選んではいたのですが。

ほんのーり出汁の風味が確かにしますね。
豆乳久しぶりに飲んだなぁ。あんまり醤油入れすぎないでほんとにちょこんと入れて、豆腐の味を楽しむのがよさそう。なんだか、普段濃い味のものばっかり食べているんだなぁ〜ってのが実感できますね^^;;

秋の実ご飯。おこわっぽいご飯の上に、秋の実。銀杏やら、ちっちゃい芋にさつまいも、山芋など。
ご飯と一緒にというよりは、炊いた芋をおかずに赤だしでご飯!

うーん、お腹いっぱい。最後は豆乳プリン。

すべて通して、これが一番甘くてパッキリとした味だったかも^^
豆乳プリンも美味しかったです!

ごちそうさまでした

薄味!でも、お腹いっぱい。なんだか普段濃いもの食べているからか、デトックスした気分になってきますね。
ちなみに、このお店。持ち込み可というように書いたんですが、お祝い事などに使われることが多いからか、ケーキなど最初にお店に渡しておくと、冷やしておいてくれる&持ってきてもらって写真撮ったら、切ってお皿に持ってきてくれるという、そんなサービスも有りまして。そういうのも含めての6,480円だったら安いんじゃないでしょうか^^

関連ランキング:懐石・会席料理 | 赤羽橋駅芝公園駅神谷町駅

関連投稿