百貨店等でよく見る「銀座アスター」の本店に行ってみた

銀座アスター 本店

ちょうど買い物があって銀座まで。ランチを食べようにもお店もいっぱいあるし、下手すると超高級店に入っちゃうかもしれないからどうしようかなとフラフラ歩いていたら目に止まった「銀座アスター」百貨店なんかによく入っているお店ですが、本店は初めて見ました。すごい迫力。

中華料理屋という感じが全然しません。ホテルのよう。

エントランスをちょっと覗いてみるとそれも豪華絢爛で、なんかとっても入りづらいオーラは出ていますが、知っているお店だしなんとかなるだろうと入店。二階に通されると、それこそホテルのロビーのような綺羅びやかな空間。個室も充実しているようで、かなりいい雰囲気のお店です

メニュー

  • アスター麺 1,900円
  • 海の幸と野菜の五目麺 2,500円
  • 鹿児島産黒豚とセロリーの湯麺 2,000円
  • ふかのひれの姿煮込み麺 14,000円
  • ふかのひれ麺 4600円
  • 担々麺 2,000円
  • 鮑と鶏肉の細ギリ湯麺、XO醤と黒酢添え 3,500円

麺のメニューをみてみると、結構なお値段です。でも銀座でこれだけの空間を維持するのも大変でしょう。お値段は場所代含めという感じでしょうか。麺だけだとちょっと足りない可能性も感じて一応ご飯のメニューもチェック。

  • タラバ蟹とレタスのチャーハン 2,500円
  • 炒飯 1,900円
  • 精進肉と彩り野菜の炒飯 1,800円
  • 五目旨煮掛けご飯 1,900円
  • 吉切鮫の胸びれの卵包み焼きあんかけご飯 4,600円

炒飯もいい値段しますね。いろいろ話し合った結果、取り敢えず自分は担々麺にして、炒飯を取り分けて食べようかという話で決着。

寒いのであったかいお茶でも……とおもったんですが、こちらのお店中国茶は有料のようで、こんなメニューが机においてありました。

自前で麺飯セットにしてしまうので、黒烏龍茶に決定。

一人前はこんな感じのポットできます。さすが有料のお茶。いい香りです。お茶の透き通った黒烏龍茶の色がきれいですね。

担々麺+炒飯

最初に来たのは炒飯。とっても上品なスープとザーサイがついていました。

じゃがいもとハムのスープ。柚子の香りつき

とっても具だくさんな炒飯。運んでもらったときに取り分けてくれるのも嬉しいですね。この辺りのサービスは昼でも夜でも変わらず。パラパラな本格炒飯。町中華の炒飯もかなり好きですが、こういう高級店の炒飯も美味しいですね。

そして、担々麺。とっても濃厚なスープで胡麻の香りが強いです。スープは粘度が高く、麺によく絡みます。一口すすったときに、鼻に抜ける胡麻の香りと濃厚なちょっと甘めの肉味噌がとってもマッチして美味しい。麺はすこし柔らかめの印象。いつも食べる所謂一般的な担々麺とはちょっと違う感じ。味が繊細丁寧で美味しいです。こういう担々麺は初めてかも。

そして、アスター麺はこんなかんじです。銀座アスターの名前を冠する麺。

所謂五目麺といった感じでしょうか。具沢山でこちらもとっても美味しそう。

ごちそうさまでした

百貨店の銀座アスターも別に行ったことはなくて、いきなり本店に来てしまいましたが、お値段に見合った丁寧な中華料理だなぁという感じ。お店の雰囲気もよく、何か大事な席でぜひ使いたいなというお店でした。今回は軽く入ってしまいましたが、来るべき大事な席の下見だと思うと来てよかった!

関連ランキング:中華料理 | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

関連投稿