千葉、富浦の物産館「とみうらマート」で海鮮丼

とみうらマート

千葉県房総半島のさきっちょに近い東京湾側にある町です。昔は富浦町という街だったらしいですが、いまは南房総市の一部になったみたいですね。海水浴場や港なんかもあるみたいで、漁業もそれなりに盛んなんだとおもいます。ドライブで富浦のほうに行った帰りに「とみうらマート」と呼ばれる道の駅のような場所に寄ってランチを食べることにしました。

とみうらマート_外観

1Fではひものや、落花生などのお土産が売っていますが、2Fは食堂になっており、いくつかのお店が合体したフードコートのような形で営業していました。

ランチメニュー

  • とみうらマート_メニュー
  • とみうらマート_メニュー

寿し満、ラーメン未来、魚々工房の三店舗があるようですが
本日のランチは以下の通り。こちらのランチはどこのお店が提供しているのかはまったくの謎でした!

  • あじたたきと地魚さんが焼き定食 1,200円
  • お刺身盛り合わせ定食 1,400円
  • 房総漁師づけ丼セット 1,000円
  • 一夜干し定食(アジ) 750円

房総漁師づけ丼

悩んだ結果房総漁師づけ丼にしました。この日の漬け丼の具はキンメダイ、マンリキ、メダイ。キンメダイは赤い有名な魚ですね。マンリキはシイラで、メダイはぬるっとした目が大きめの魚です。

そして、こちらが漬け丼。どれがどの魚なのかはもはやわかりません。漬物と小鉢、味噌汁もついてこのお値段だったら安いかも!大葉に包まれたたっぷりのわさびも嬉しい。

とみうらマート_房総漁師づけ丼

わさびを全部小皿にとって、ちょっと多めに醤油を小皿へ。わさびは醤油に溶かしてからづけ丼へ回しかけていきます。タダでさえ漬けなので少し味がついているんですが、わさび醤油を追い掛ければさらにおいしい。酢飯とわさび醤油はやっぱりあう!この日もかなり暑かったですが、涼しい店内で海鮮丼食べたあとに温かい味噌汁を飲む。なんて贅沢な気分になります!

ごちそうさまでした

この辺り、あんまりお食事処がないようで、車だとなかなか駐車場の関係もあり食事を摂るのに少し苦労したんですが、とみうらマートはかなりおおきな駐車場があるので(観光客用のバスがとまれるくらい)車できたひとにはかなり入りやすいお店だと思います。ちなみに、入り口に売っているびわのソフトクリームもとっても美味しかったのでおすすめです!

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 富浦駅