赤坂、なんと24/365でやってる雪濃湯専門店「一龍 別館」

一龍 別館

一龍 別館の詳細はこちら

ども、二日酔い飯です。皆さん、ソルロンタンって知っていますか。韓国料理の牛をじっくり煮込んだスープで、旨味が詰まった乳白色のスープは、コクがありながらも意外にあっさりしているそうで。そんなスープの専門店が赤坂にあるんだと聞いて行ってみたくなりました。しかも調べてみたら点数めちゃめちゃ高いし、なんと無休w
システム以外で24/365なんて言葉は聞いたことないですが、ずっと煮込んでいるのであれば美味しいんだろうな。

これがずっと開いているお店の佇まい。場所は赤坂の韓国料理街にあります。
今回来たのは別館で、ランチはソルロンタンのみ。上?奥?に一龍の本館があるのかな?
そっちでは普通のメニューが頼めるようです。

メニュー

雪濃湯 1650円

基本は雪濃湯の1650円プラン。これに牛頬の無視肉のスユックをつけるか、チヂミをつけるか、チャプチェをつけるかで料金が変わってきます。韓国料理っておつまみ大量に出てくるので、量的に多いか少ないかもわからないというのもあり、最初なのでいったん雪濃湯のみで!

雪濃湯

注文すると早速おつまみがでてきます。
でるわでるわでなんと11種類。一つ一つは結構量が抑えめになっているのでいいですね。
毎日これだけの品目食べれば健康になれそう。

特に美味しかったのが、カクテキとキムチ。
酸味と旨味バランスが良く、辛さもそんなに強くなくとっても食べやすい。
やっぱり本場のお店のキムチは違いますなぁ。そうこうしていると雪濃湯が登場。

雪濃湯!思ったより乳白色が強い見た目。結構大振りな器に入ってきてボリュームもバッチリ。
一口飲んでみると牛肉の旨味がしっかりと溶け出していて旨味が強い。が、塩味は皆無。
素材の味を楽しむ系なのかな?とテーブルを見ると塩と胡椒が。
ご自由に調整してくださいスタイルかと理解して塩を投入。自分の丁度いいところまで……。
とおもって入れていったら結構投入することに。いやー。そんなに濃い味にしたつもりはないんですが
いかに普段食べているラーメンなどに塩が大量に入っているかということですよ!
自分で入れてみると引くくらいわかりますね。

で、一旦それは置いておいて、丁度いい塩加減になったので、キムチなどもちょこちょこと投入しつつ味変を楽しみながらスープを頂いて、最終的にはライスをどぼん。
牛肉の旨味を吸ったごはんがうまい。おじやっぽくした後、韓国のりでつつんで食べれば至福の味。

スープのみでも、おつまみとスープ自体の量も考えるとちょうどよい量でした。

ごちそうさまでした

これ一本で24/365での営業、どっちかというとあのスープは二日酔いの時にとっても良いかもしれない。
二日酔いのときは、少し塩分抑え気味でコップで飲みたい感じですね。いつでもやっているという安心感もあるし。もうちょっと世の中が落ち着いてきたら赤坂で飲んだ後の締めはここで間違いないなと思いました!

関連ランキング:韓国料理 | 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅

関連投稿