羽釜で炊いたご飯が食べ放題な夢の定食屋「酒処やまね」

酒処 やまね

西麻布というか、もう広尾駅との中間地点くらいまで歩いていくとある、
ビルの地下1Fにある居酒屋「酒処やまね」

たまたまフラフラと歩いていて発見。暑いし、良さそうだったので入ってみましたが、思わぬ掘り出し物でした。ランチタイムは11:30~14:00。中はほぼ満員でした。そして、席に通されると席に”ご飯のお供”がたくさん。
ふりかけから、生卵、なめたけなんかもありました。

辺りを見渡してみると「ご飯は羽釜で炊いている。おかわりは自由」の文字が。

なるほど、確かに厨房をみるとおっきな羽釜が煙を吹いています。
これは期待できそう。

ランチメニュー

  • 天然時鮭塩焼き 1,000円
  • かつお、まぐろ、ぶり他角煮 1,000円
  • 牛肉豆腐 1,000円
  • 麦いか煮付け 1,000円
  • チキンかつ 1,000円
  • とろ、かつお、ぶり、たこ他刺身盛り合わせ 1,000円
  • 日替わり御膳 1,500円

角煮がおいしそうだったので、角煮を注文。

かつお、まぐろ、ぶり他角煮

こちらが角煮定食。

ごはんが炊きたてでとにかくあっついのが印象的。ただ、羽釜で炊いているご飯は味がぜんぜん違う。お米がしっかりたっている。ご飯だけで食べても十分旨い。

このお店のメインはお米なのかもしれない……

角煮に関しては、いろいろな魚を甘辛いタレで煮込んだ一品。

このタレがご飯にあいます。
そして、なんなく一杯目を平らげておかわりを注文。

二杯目は生卵を入れて卵かけご飯にしました。生卵と、この角煮のタレを合わせると最高。さすがに三杯目はお腹がいっぱいだったので断念。

ごちそうさまでした

こんな美味しいお米は久々に食べました。そんな羽釜のご飯が食べ放題なんて夢のような場所です。どちらかというとご飯がメインで、おかずがついで。
そんなことを感じさせるお店でした。

関連ランキング:和食(その他) | 広尾駅六本木駅

関連投稿