神楽坂のオシャレビストロ「ラムダック東京」

ラムダック東京

神楽坂下から神楽坂上へまっすぐ上っていった先の路地にあるとってもオシャレなレストランが「ラムダック東京」。名前の通り炭火焼きのラム肉と鴨肉を頂くことができます。前から行きたかったんですが念願かなってようやく来店。

内装もめちゃくちゃオシャレ。これは人気があるのも納得。

メニュー

羊コーナー。

  • ラム肉のケサディア 750円
  • 子羊のスモーク&テッドドゥモアンヌ 950円
  • 子羊のたたき ライムの香り 950円
  • 子羊ランプ肉 1,500円
  • 子羊ショルダーラック 2,700円
  • 子羊骨付き背ロース 2,500円
  • ソルトブッシュラム 3,900円

鴨コーナー

  • 鴨肉の自家製テリーヌ オレンジ風味 900円
  • 鴨肉の自家製リエットとレバーパテ 900円
  • 自家製のかも生ハムと子羊ハムの盛り合わせ 850円
  • 浜田さんの合鴨 チャコールグリル 1羽 6,800円
  • 浜田さんの合鴨 もも肉&ブロシェット 1,800円

&ダック

とりあえずクラフトビールからの、子羊のスモーク&テッドドゥモアンヌ。

燻製の香りをまとったラム肉。とっても柔らかく旨味があって美味しい。この花弁は実はチーズでできており、食べられるんです。チーズとラム肉相性も抜群。お酒によくあう。多分こういうのはワインが合うんだと思いますがフルーティーなクラフトビールにもよく合っていました。

そして、ブッチャーズのポテトサラダ。こちらはこのお店自慢の一品ということでおすすめされた一品。これが美味しすぎてびっくり。見た目からして不味いわけがないのはわかりますが、超絶うまい。玉子たっぷりのポテサラにジューシーなベーコンが抜群に合う。これだけで十分満足できます。

そしてメインのソルトブッシュラム。ラムの塊肉がぼんと出てきますが、このあとキレイにカットしてくれます。シェフの渡辺さんがフランスで食べた感動のオーストラリア産のラム肉だそうで、塩分を含んだハーブを食べて育ったそうです。真ん中に一本通った真っ黒い炭のようなものは人参!全然焦げているわけではなく、甘くておいしかったです。

さすが感動のラム肉というだけ合って、柔らかくて肉汁の旨味がすごい。臭みなんか全く感じなく、噛めば噛むほど美味しいラム。炭焼きっていうのもいいですね。香ばしさと相まって美味しい。お酒が進みます。

羊も食べたので、やっぱり鴨も……というわけで頼んだのが「浜田さんの合鴨・チャコールグリル」そんなに食べられないかと思ってもも肉&ブロシェットの300gにしました。とってもジューシーなお肉で脂がおいしい。鴨ってそんなに食べませんが、こんなに美味しかったんだっけ?と色々気付かされます。

ごちそうさまでした

雰囲気がかなり良く、お店の中も炭焼のいい香りが漂っていて、落ち着けるいい空間でした。ラムと鴨はどちらもとってもジューシーで満足度は抜群に高かったです。ただ、どうしても忘れられないのがブッチャーズのポテトサラダ。アレは本当に美味しかったなぁ。あれを食べるためにもう一回行きたい!!お立ち寄りの際はぜひお試しくださいまし。

関連ランキング:炭火焼き | 神楽坂駅牛込神楽坂駅飯田橋駅