深大寺の奥、周りを森に囲まれた蕎麦「玉乃屋」

玉乃屋

深大寺の奥、植物園の近くにある蕎麦店「玉乃屋」

調布から歩いてきたのでもうクタクタ。蕎麦を一杯食べていくことに。

由緒はいくつか存在するが、調布市観光協会によると、江戸時代、土地が米の生産に向かなかったため小作人が蕎麦を作って、蕎麦粉を深大寺に献上した。それを寺側が蕎麦として打ち、来客をもてなしたのが始まりといわれる。

wikipedia 「深大寺そば

お寺で作った蕎麦が始まりなんですね。

外の席に通されましたが、辺りは緑がとってもキレイ。

道中は日差しが強くて暑かったけれど、森の中は涼しい風が通って快適。

ランチメニュー

  1. 細打ちせいろ 1,000円
  2. 太打ち田舎 1,000円
  3. 太打ち釜揚げ 1,150円
  4. 細打ち天せいろ 1,600円
  5. 太打ち天田舎 1,600円
  6. 細打ち鴨せいろ 1,900円
  7. 太打ち鴨田舎 1,900円

すべて十割蕎麦。

さすがに熱いので温かいそばは置いておきます。

そして、深大寺ビールというものを発見し、まずは注文。

ホッピービバレッジが作っているよう。

赤坂ビールといい、ご当地モノによく出てきますね。

太打ち田舎

こちらが太打ち田舎。

やっぱり蕎麦は田舎そばが一番。

太く打たれたそばはコシがしっかりしていて、とても食べごたえがあり美味しい。

 

暑い日にはそば。するすると食べられます。

まるできしめんのよう。

でも、一口食べればそばの風味がふわっと口に拡がります。

 

甘めで、コクのあるつゆ。

最後に蕎麦湯を入れればとっても上質なスープに。

ごちそうさまでした

森のなかに囲まれて、そばを食べるというのもオツなものでした。

他にも深大寺周辺には有名なお蕎麦屋さんがたくさんあるので

調布はちょっと遠いですが、また足を運んでみようと思いました。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 調布駅西調布駅