六本木の隠れ家的フレンチ「AUX SIX ARBRES」

オー・シザーブル

六本木の路地裏。

大衆居酒屋さんの前に、なにやらおしゃれな佇まいのフレンチ。

AUX SIX ARBRES。これで、「オー・シザーブル」と読むようです。

中々入りづらい感じではありましたが、

せっかく発見したので入ってみることにしました。

 

中はとっても落ち着いた雰囲気。

なんか東京じゃないような感じがします。

ランチメニュー

外にあった、メニュー看板にはステーキと書いてありましたが

コースが有るようでしたので、そちらに。#しかも1600円ならお値打ち!?

  1. 本日の小さな前菜
  2. 本日のスープを小さなカップで
  3. 仔羊の肩肉のスパイシーな煮込みを麦、玄米と煮込み野菜
  4. パン
  5. デザート

カルピス・バターは50円。

コーヒーは+400円です。

カルピスバターって食べたことはないですが、高いバターだった気が。

Bon Dejeuner

まず最初に出てきたのが、パン。

この時点でカルピス・バターを頼まなかったことをいきなり後悔!

バターナイフ意味ない!

で、前菜のエスカルゴ。

これが来てよかった。パンをこのスープにひたして食べるととっても美味しい!

まさに救いの神。

グリンピースの冷製スープ。

グリンピースの香りがふわっと香ってきて、美味しいです。

これがメインの

「仔羊の肩肉のスパイシーな煮込みを麦、玄米と煮込み野菜」

 

若干日本語が変なような気もしますが^^;

麦、玄米の上に仔羊の肩肉が載っていて

煮込んだ野菜のスープをかけたものでしょうか。

「を、添えて」とかついてるとぽいですね。

 

味はとにかく上品。

仔羊はよく煮込まれていてとっても柔らかくスープは確かにスパイシー。

でも、そのスパイシーさが麦や玄米とよく合って食欲が進みます。

これで終わったと思ったらデザートまで付いてきます。

コーヒー頼んでおけば良かったとここでもちょっと後悔。

ごちそうさまでした

たまたま発見したお店でしたが

とっても良い空間の中で、ゆったりしたランチを過ごせました。

とにかく、バターとコーヒーは頼むべきだということがわかったので

次回来店時は絶対頼もうと思います。

関連ランキング:フレンチ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅