ミシュランで星を獲った寿司屋「鮨由う」のランチ

鮨由う

ついに来ました。

予約をして待つこと約1ヶ月。ミシュランで星を獲ったという

「鮨由う」

今回は10,000円のランチコース。

ここはランチは3時間は必要。との事だったので、覚悟を決めていかないといけません。

コースのはじまりです。

先付

最初に出てきたのは岩もずくにとうふ。

がりは薄いスライスじゃなくて塊。あとはワカメ。

もずくもワカメもシャキシャキしていておいしい。

長崎県産のいさき

一番槍はイサキ。よく釣れる魚なイメージですが

とろけるような感じ。とってもおいしい。

赤酢の香りがふーっと抜けます。

あおりいか

次はあおりいか。

エンペラ部分を使っているそうです。とってもうまい。

塩とすだちで味付けしてあり、サッパリ感とイカの濃厚さがGood!

ムツの西京味噌漬け焼き

ここで焼き物。

ムツの西京味噌漬け焼き。

長いから西京焼きでいいんじゃないの?なんて店主自ら話していましたが

脂がのりまくって、ほろほろ柔らかい。

サクラマスの漬け

高級な寿司屋では「サーモンなんかない」ってどっかで聞いたような気がして。

珍しいんじゃないかとおもいましたが、脂ののったサーモンは絶品でした。

のどぐろ炙り昆布締め

のどぐろの昆布締めの炙りですかね。

皮のほうが炙ってあって、香ばしい!

まぐろの漬け

よく漬かってて美味しい。

どの寿司も口の中に入れるとほろほろっと溶けていくような感覚が新しい。

島根県産本鮪

この切込みの数!とろけるようにおいしい鮪。

こんな鮪は人生で初めてだと思いました。とっても美味しい!

コースで一番感動したお寿司でした。

かに

写真写りがよくなるように、巻かずに提供しているそうです。

最近の客のニーズがよくわかってますね!

プリン巻き

これの写真がないんですが

大量のあん肝をシャリに混ぜて海苔の上に塗り、真ん中にきゅうりを置いたもの。

プリン体がすごいのでプリン巻きというそうです。

確かにとっても痛風になりそうな濃厚な味。でもおいしい!

こはだ

続いてコハダ。

シャリとの間にしろえびが挟まっています。

こういう細かい仕事には感銘を受けますね。

玉子焼き

ごま油の風味がすごく強い玉子焼き。

ごま油はカドヤのを使っているといっていました。

とってもキメが細かい玉子焼きで、滑らか。

サワラ

後半戦に突入!最初はサワラ。

うに

ぷりっぷりの雲丹がこれでもかと載った軍艦。

臭みなんて1mmも感じない濃厚で美味しいうに!このお寿司も感動!

ほたて

貝の出汁でつくったタレがかかっていて

貝の味が凝縮した一貫。うまい!

しゃこ

のり汁

ホット一息。

福巻

これがコース最後になる福巻。

今まで出てきたお寿司で残った、サクの切れ端を太巻きにして巻いて出してくれます。

とっても美味しい!し、切れ端とはいえとっても豪華な太巻きに。

ちなみに、残り物には福があるから複巻だそうな。

 

以上でコースは終了!

ごちそうさまでした

先付け+全13貫+太巻き+焼き物+たまご。

かなりの大ボリュームで、お腹いっぱい!これで10,000円はコスパ高い気がします。

夜に行くとやっぱり高級寿司店は高いですが、ランチだとリーズナブルに食べられるのが嬉しい。

ミシュラン星獲得も納得なとってもいいお店でした。

関連ランキング:寿司 | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅